株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求 お問い合わせ



このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

トピックス

2018年11月21日

【ニュースリリース】
業務改善プラットフォーム「intra-mart Accel Platform」
及びクラウドサービス「Accel-Mart」が
東京急行電鉄様の"電気設備保全システム"の基盤として採用

CorporateLogotype+Tagline_Right_HumanBlue.png

newsrelease.png

 

2018年11月21

株式会社NTTデータ イントラマート 

 

業務改善プラットフォーム「intra-mart Accel Platform」及び

クラウドサービス「Accel-Mart」が

東京急行電鉄様の"電気設備保全システム"の基盤として採用

 

 株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人 以下、イントラマート)は、東京急行電鉄株式会社様(本社:東京都渋谷区、取締役社長:髙橋 和夫 以下、東急電鉄)の電気設備保全システムの基盤に、イントラマート社の提供する業務改善プラットフォーム「intra-mart Accel Platform」及びクラウドサービス「Accel-Mart」が採用されたことを発表いたします。本システムは、東急電鉄の設備保全業務に関するプロセスのシステム化および情報のデジタル化による体系的なデータ管理を基にした情報活用を目的に、2019年度から段階的なシステムリリースを予定しております。

 

■プロジェクトの背景

 東急電鉄は、鉄軌道事業を基盤とした「まちづくり」を事業の根幹におきながら、長年にわたってお客様の日々の生活に密着した様々な領域において事業を推進されております。

今回のプロジェクトの範囲である電気設備保全業務は、鉄軌道利用者の安全や安定輸送を確保するために日々実施されているものですが、現在の業務は手作業中心に行われているため、①単純作業に業務時間が割かれている ②管理表の更新管理が人間の注意力に依存しているといった2つの課題が発生していました。

 

■「intra-mart Accel Platform」採用理由と見込まれる効果

 これらの業務課題を解決し、点検業務に関するプロセスをシステム化、情報をデジタル化した上で、体系的なデータ管理で情報活用をするために「intra-mart Accel Platform」及びクラウドサービスの「Accel-Mart」が採用されました。intra-martのBPMや外部連携機能を活用することにより、現状の既存システムだけでなく、IoTやセンサーを活用した検査の自動化など、最新技術の取り込みが可能となる将来の拡張性、マスタ/DBの統一による単純作業の業務時間の削減と管理の属人性の排除、ユーザ要望を素早く反映可能となるアジャイル開発手法の3点を高く評価いただきました。また、導入後無理なく利活用できる運用の省力化を重視され、クラウドサービスの「Accel-Mart」が採用されました。

 

「intra-mart Accel Platform」や周辺機能を活用した電気設備保全システムの構築により、下記2つの導入効果を見込んでおります。

 

①電気設備保全業務プロセス全体の標準化・システム化の実現による業務時間の削減と属人性の排除

 iPad端末でのデジタル点検記録システムの構築で、入力業務を効率化するとともに、保全業務プロセスをシステムで統制管理することで、業務効率の改善を実現します。

 

②点検データのデジタル化による体系的なデータ管理と活用

 検査記録データベースを構築するとともに、他システムとの連携を視野に入れ、保全方法の改善等に繋げることができるよう、データの有効活用を実現します。

 

 

<電気設備保全システムイメージ図>

東京急行電鉄様_図版改.png

  

   

■今後の展望

本システムは早期に順次リリースしながら保全担当者および管理者への負担を軽減したシステムを目指し、定着化を目指してまいります。

今後もイントラマートは、東急電鉄の電気設備保全システムの構築を共に推進し、東急電鉄が展開する鉄軌道事業とその利用者様の安全をシステムの観点からサポートするべく、一層の製品強化に努めてまいります。

■関連Webサイト

 

 ・次世代業務改革ツール「IM-BPM」

  https://www.intra-mart.jp/products/iap/im-bpm/

 ・BPM/ワークフローをすばやく簡単に構築「Accel-Mart」

  http://www.accel-mart.com/

 

   

■株式会社NTTデータ イントラマートについて

 株式会社NTTデータ イントラマートは、Web システム構築のための商用フレームワーク製品「intra-mart」の開発及び販売を中心に事業展開しております。1998 年より、当社が企画、開発した独自のシステム開発フレームワーク、業務コンポーネント群、アプリケーションシリーズは、2018年3月末現在6,000社を超える企業へ導入されており、200社以上のパートナーと共に、システム構築、コンサルティング、教育、運用支援に到るまでのトータルソリューションを提供しています。

 

社 名 : 株式会社NTTデータ イントラマート

代表者 : 代表取締役社長 中山 義人

設  立 : 2000年2月

資本金 : 7億3,875万円

売上高 : <連結>53億2千万円(2018年3月期)

従業員数: <連結>180名(2018年3月末現在)

事業内容: 「intra-mart」の企画・開発・販売・保守及びその導入に関するコンサルティング・

システム開発・教育の提供。

報道関係お問い合わせ先

株式会社NTTデータ イントラマート

〒107-0052

東京都港区赤坂4-15-1 赤坂ガーデンシティ5F

セールス&マーケティング本部 有泉・雨宮

TEL: 03-5549-2821 / FAX: 03-5549-2816

E-mail: info@intra-mart.jp

Home Page: https://www.intra-mart.jp/

※1:「intra-mart」は株式会社NTTデータ イントラマートの登録商標です。

※2:その他記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標、又は登録商標です。


TOP

資料請求 お問い合わせ