PRESS

2022年6月23日

 
NEWS RELEASE
                                       株式会社NTTデータ イントラマート

庁内外からの円滑な情報共有で自治体DXを加速
イントラマート子会社CSIがLGWAN-ASPに対応する
「intra-mart Accel Platform for LGWAN」をリリース


 

株式会社NTTデータ イントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人)は、子会社の株式会社NTTデータ・イントラマートCSI(本社:東京都品川区、代表取締役社長:加藤 聡司 以下、イントラマートCSI社)がLGWAN-ASPサービス認定の自治体向けソリューション「intra-mart Accel Platform※1 for LGWAN」(以下、IM-LGWAN)をリリースしたことを発表します。自治体職員は、LGWAN接続系端末を介したBPM/ワークフローによる業務プロセス改革に加え、自治体向けに特化した機能を庁内外から利用できることによって、自治体のデジタルトランスフォーメーション(DX)を強力に推進します。

■「IM-LGWAN」のシステム構成図
「IM-LGWAN」のシステム構成図

 
自治体ではネットワークの強靭化を目的とした「三層分離」が原則であり、行政専用の閉域ネットワーク(LGWAN※2)をITシステム運用の基盤としています。このため、外部機関との情報連携においては電子メールや電話、FAXが多用されています。さらに管理対象となる外部機関(管轄内の病院、消防、教育機関等)の数は膨大であり、市民へのサービスレベルの維持には多くの人手がかかっています。一方、DXを推進するにあたってもIT専門知識を持つデジタル人材が限られるなどの課題があります。

イントラマートCSI社が提供する「IM-LGWAN」は、LGWANのネットワークに繋がる端末から、実績豊富なワークフロー機能をベースに、ビジネスプロセスの改革と改善をスピーディーに行える次世代型のBPMツールなど、業務全体のプロセスの自動化、最適化に向けた機能群を利用することができます。また、自治体向けのデジタルフォーム、チャットBot機能によって、職員は外部機関との円滑な情報連携を可能とし、外出時においてもモバイル機器から庁内のシステムにアクセスすることができます。これにより、時間削減・作業効率化・職員の負担軽減を図り、市民へのサービス向上に貢献します。

■IM-LGWAN特有の機能

<機能1 デジタルフォーム>

web画面による外部機関との新しいコミュニケーションツールです。既読状況や回答内容をリアルタイムで確認することが可能となります。

<機能1 デジタルフォーム>


<機能2 チャットBot>

庁外のインターネット環境からビジネスチャット経由でスケジューラにアクセスが可能となります。今後、さらなる機能拡充も検討しています。

<機能2 チャットBot>


今回のIM-LGWANリリースに伴い、自治体向けに無料トライアルを開始します。今後、イントラマートCSI社は、様々な業界が固有に抱える課題を解決するサービスを提供するとともに、BPM/ワークフローやローコード開発を活用した現場主導によるDXの内製化を支援します。

※1:intra-mart Accel Platformは、企業特有のニーズにあわせたカスタマイズのしやすいOpenな開発環境と、全社員がすぐに使えるEasyさを備えた、Digital Process Automation Platformです。システム共通基盤として業務システムを集約することで、さまざまなデジタル技術や多様な開発コンポーネント群との連携により、業務プロセス全体のデジタル化・自動化が実現できます

 

※2:LGWANは、地方公共団体を相互接続し、インターネットから切り離された行政専用のネットワークです。


■関連サイト

・自治体向けDXソリューション「intra-mart Accel Platform for LGWAN」
 https://www.im-csi.jp/dx/government/

株式会社NTTデータ イントラマートについて

株式会社NTTデータ イントラマートは、Web システム構築のための商用フレームワーク製品「intra-mart」の開発及び販売を中心に事業展開しております。1998 年より、当社が企画、開発した独自のシステム開発フレームワーク、業務コンポーネント群、アプリケーションシリーズは、2022年3月末時点8,900社を超える企業へ導入されており、200社以上のパートナーと共に、システム構築、コンサルティング、教育、運用支援に至るまでのトータルソリューションを提供しています。
その中で子会社である株式会社NTTデータ・イントラマートCSIは、intra-martの各種製品・サービスを活用し、業種・業界特化型のビジネスを展開しています。

社名
株式会社NTTデータ イントラマート
代表者
代表取締役社長 中山 義人
設立
2000年2月
資本金
7億3,875万円
売上高
<連結>76億5,300万円(2022年3月期)
従業員数
<連結>237名(2022年3月末現在)
事業内容
「intra-mart」の企画・開発・販売・保守およびその導入に関するコンサルティング・システム開発 ・教育の提供。

報道関係お問い合わせ先

企業・一般の方

社名
株式会社NTTデータ イントラマート
部署名
セールス&マーケティング本部
E-mail
contact@intra-mart.jp


社名
株式会社NTTデータ・イントラマートCSI
E-mail
pms_office@im-csi.jp


報道関係の方

社名
株式会社NTTデータ イントラマート
部署名
セールス&マーケティング本部
担当者名
宇田/雨宮
TEL
03-5549-2821
FAX
03-5549-2816
E-mail
info@intra-mart.jp
HP
https://www.intra-mart.jp/

※「intra-mart」は株式会社NTTデータ イントラマートの登録商標です。
※その他記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標、又は登録商標です。

業務プロセスのデジタル化
フルオートメーション化
柔軟な働き方と圧倒的な生産性を

イントラマートについて詳細をみる

業務プロセスのデジタル化フルオートメーション化で柔軟な働き方と圧倒的な生産性を

導入事例

case

国内の著名企業を中心に8,900以上のお客様に導入されています。

  
TDK
トーソー
日本特殊陶業
ヤフー
大同火災
地盤ネット
千葉工業大学
三菱総合研究所
理経
赤城乳業
アンデルセン
東洋鋼鈑
三菱商事

IM-Press

業務プロセス改善に関するお役立ち情報を
発信しています。

IM-Press