このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

トピックス

2013年10月03日

【ニュースリリース】NTTデータ イントラマートの最新基盤intra-mart Accel PlatformがCTCの物流情報統合管理のクラウドサービスにPaaSとして採用される リアルタイム輸配送業務とビジネスプロセスの融合をクラウド上で実現

 newsrelease.png2CorporateLogotype+Tagline_Right.jpg











2013年10月3日

株式会社NTTデータ イントラマート


NTTデータ イントラマートの最新基盤intra-mart Accel Platformが 
CTCの物流情報統合管理のクラウドサービスにPaaSとして採用される
リアルタイム輸配送業務とビジネスプロセスの融合をクラウド上で実現


株式会社NTTデータイントラマート(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 義人、 以下、イントラマート社)が販売するシステム基盤ソフトウェア「intra-mart Accel Platform」が、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:菊地 哲、以下、CTC)がクラウド上で運営するリアルタイムでの配送予約や貨物追跡を可能にする物流情報統合管理基盤「サプライチェーンネットワークコントローラー」にPaaSとして採用されました。

CTCは、グローバルロジスティクスソリューション「MAMS(Mobile Asset Management Service)」をクラウド型サービスとして展開しており、同サービス上にintra-mart Accel PlatformをPaaSにした「サプライチェーンネットワークコントローラ」を拡張開発しサービス提供を開始しました。intra-mart Accel Platformは、マルチテナント環境で、顧客単位の個別設定や独自機能を提供可能なPaaS機能の秀逸さが決め手となり、同サービスのシステム基盤として採用されました。

サプライチェーンネットワークコントローラーは、9月から顧客サービスを開始し、すでに家具や介護用品、大型品の小売・レンタルなど配送業務が必要な業種への適用実績を重ねている他、タブレット端末などのスマート・デバイスなどへの対応も進め、今後は国際物流プラットフォームへと広げていく予定です。
 

<顧客メリット例>
●アプリケーション連携イメージ

CTC1.png

車輛数や運行区間・積載率などの車輛情報、配送員の情報などをクラウド上に集約し、最適なリソース割当を制御できる物流情報統合管理基盤です。

 

●訪問時間枠予約画面イメージ
着荷主が受取日時を、リアルタイム情報をもとに選択可能で、お届け日程調整が不要。

CTC2.png

 

●リアルタイム貨物追跡画面イメージ
出荷者自社サイトからリアルタイムで貨物追跡情報を提供。着荷主のみならず、出荷店舗やコールセンターによる追跡も可能。

CTC3.png


尚、本サービスと顧客導入事例は、以下のセミナーで講演を計画予定しています。
【Enterprise Web Solution 2013】
 利益を生み出すIT戦略。システム基盤がビジネスを加速する。
~intra-martのシステム基盤完成形へ…。~
http://www.intra-mart.jp/event-seminar/event/ews2013.html
  日時:2013年10月18日(金) 11:00~18:00
  会場:ウェスティンホテル東京(恵比寿)
     CTC社講演 SessionB-1(15:30~16:10)
   「オムニチャネル時代のロジスティクス統合ITプラットフォーム」

 

<intra-mart Accel Platformについて>
「intra-mart Accel Platform」は、次世代システム基盤として2012 年10月1日にリリースされたイントラマート社の8番目のバージョンとなるプラットフォーム製品です。
①従業員が日常業務で使いこなせる、②業務改善・効率化につながる基盤、③柔軟なカスタマイズと拡張が可能な基盤、④全体共通基盤による高いコストパフォーマンス、といった特徴があり、お客様の本業を加速する基盤としてご利用いただくことが可能です。最近では、②の最大の特徴である、統合BPMツールに、ルールエンジンやBIツールとの連携を準備し、人手をまたがる業務のシステム化・可視化を行い、業務分析・改善、自動化(ロボット化)を実現します。

<サプライチェーンネットワークコントローラーについて>
CTCのグローバルロジスティクスソリューションは、物流に特化し30年の実績をもつデカルト社のITサービスを活用したクラウド型サービスです。今回、CTCが独自に開発したサプライチェーンネットワークコントローラーは、車輛数や運行区間・積載率などの車輛情報、配送員の情報などをクラウド上に集約し、最適なリソース割当を制御できる物流情報統合管理基盤です。この基盤をオムニチャネル時代におけるロジスティクスプラットフォームとして活用することにより、さまざまなサービスを開発することが可能となります。

サービス紹介サイト http://www.lbe.jp/

 

■関連製品情報サイト
・システム基盤「intra-mart Accel Platform」
http://www.intra-mart.jp/products/iap/

 

■株式会社NTTデータ イントラマートについて
株式会社NTTデータ イントラマートは、Web システム構築のための商用フレームワーク製品「intra-mart」の開発及び販売を中心に事業展開しております。1998 年より、当社が企画、開発した独自のシステム開発フレームワーク、業務コンポーネント群、アプリケーションシリーズは、2013年3月末現在2700社を超える企業へ導入されており、150社以上の特約店パートナーと共に、システム構築、コンサルティング、教育、運用支援に到るまでのトータルソリューションを提供しています。

社   名: 株式会社NTTデータ イントラマート
代表者: 代表取締役社長 中山 義人
設   立: 2000年2月
資本金: 7億3,875万円
売上高: <連結>36億円(2013年3月期)
従業員数: <連結>257名(2013年3月末)
事業内容: 「intra-mart」の企画・開発・販売・保守及びその導入に関するコンサルティング・システム開発・教育の提供。


報道関係お問い合わせ先

株式会社NTTデータ イントラマート

〒107-0052 東京都港区赤坂2-17-22 赤坂ツインタワー本館3階

セールス&マーケティング本部 和田(文)、雨宮
TEL: 03-5549-2821 / FAX: 03-5549-2816
E-mail: info@intra-mart.jp
Home Page: http://www.intra-mart.jp/

※1:「intra-mart」は株式会社NTTデータ イントラマートの登録商標です。
※2:その他記載されている会社名、システム名、製品名は一般に各社の商標、又は登録商標です。
※3:SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP AGやその他世界各国における登録商標または商標です。またその他記載された会社名およびロゴ、製品名などは該当する各社の登録商標または商標です。

 

 


TOP