ローコード開発コラム

ローコード開発の歴史と将来性

ローコード開発に関心が集まっています。注目されるようになったのは、比較的最近のことですが、ローコード開発そのものは、2011年頃から存在していました。調査とアドバイザリーを手がける米フォレスター・リサーチ社が2014年に初めて「ローコード開発(low-code development)」という言葉を使ったといわれています。

このページでは、ローコード開発の歴史と将来性について、ご紹介いたします。

ローコード開発の歴史

ローコード開発の概念が生まれてから、実際に利用できるローコード開発ツールが登場し、進歩するまでの軌跡を時系列でご紹介いたします。

1960年代 GUIや第四世代言語の誕生

ローコード開発の誕生と、直接的な関連があるわけではありませんが、現在のローコード開発プラットフォームで使われている技術であるGUIや第四世代言語(4GL)が、1960年代に生まれました。

GUIとは?

GUIとは、Graphical User Interface(グラフィカルユーザインタフェース)の頭文字を取ったもので、簡単にいうと、マウスやタッチパネルなどで操作できるような画面のことです。

GUIが登場するまでは、コマンドプロンプトのように文字ベースのUIしかありませんでした。

それが、1960年代に入ってから米空軍の防空管制システムでGUIが実装されたり、情報表示にブラウン管が使われ始めたり、新たなデバイスとしてマウスが登場したりしました。

第四世代言語(4GL)とは?

第四世代言語(4GL)とは、実際にアプリケーションを使用するユーザーが開発を担えるように設計されたプログラミング言語で、機械が読むことを優先するのではなく、人間が読みやすいようにしたという特徴を持つ言語のことです。

第一世代言語である「機械語」、第二世代言語である「アセンブラ」、第三世代言語である「高級言語」につづく進化系の言語です。原始的な第四世代言語(4GL)が登場したのも1960年代で、IBMのRPGやInformaticsのMARK-IVなどがあります。

こうして、GUIが発達する土台が整っていったのが1960年代です。

1982年『Application Development Without Programmers』出版

ローコード開発の元となる概念が生まれたのが、1982年に出版された『Application Development Without Programmers』です。著者は、英国の技術者で企業家のジェームズ・マーティン(Sir James Martin)氏。タイトルの意味は、プログラマー不要のアプリケーション開発となり、プログラマー不足から将来的にコンピューターは部分的にでもプログラマーなしで動く必要があると説きました。

1995年 CMSの誕生

ローコード開発が注目される前、1995年にCMSが誕生しました。CMSとは、Contents Management Systemの頭文字を取ったもので、HTMLやCSSなどのWeb制作の専門知識がない人でもWordなどの一般的なアプリケーションと同じような簡単な操作で画像やテキストを入力するだけで、Webサイトの構築やWebページの更新、コンテンツの管理が行えるシステムのことです。無料で利用できるオープンソースの「WordPress」などは、CMSの代表例です。

CMSの多くは、上記のようにWeb制作の専門知識なしでWebサイトの構築などが行えますが、必要に応じてコーディングを行い、細かいアレンジやカスタマイズが可能です。上記の特徴をふまえると、CMSはローコード開発ツールの一種であるといえます。

2011年 ローコード開発プラットフォーム市場がスタート

ローコード開発プラットフォーム製品の市場がスタートしたのは、2011年からだといわれています。その後、2014年に初めてフォレスター・リサーチ社が「ローコード開発(low-code development)」という言葉を使いました。それから10年近くが経過し、前出のフォレスター・リサーチ社によれば、ローコードおよびノーコード開発プラットフォームの市場規模は、2020年の2倍超の約145億ドルに上ると予測されています。

ローコード開発の将来性

2016年頃から、世界的に大きな影響力を持つIT企業群「GAFAM(ガーファム)」がローコード開発に注目しており、開発企業の買収や自社開発を進めてきました。

 

ローコード開発市場の将来予測

「2011年 ローコード開発プラットフォーム市場がスタート」でお伝えしたように、ローコード開発の市場は、拡大が予想されており、ほかにも米ガートナー社を始め、国内外の調査会社などがローコード/ノーコードの市場や導入状況について、拡大を予測しています。 たとえば、市場調査とコンサルティングを手がける株式会社アイ・ティ・アールは、ローコード/ノーコード開発市場は2023年には1,000億円規模に達すると予測しています。 参考:『ITR Market View:ローコード/ノーコード開発市場2022』のプレスリリース 以上から、ローコード開発市場は今後、拡大傾向が続くと考えられます。

ローコード開発とアジャイル、DevOpsとの関係

ローコード開発の「プログラミング不要で開発が簡単」「開発期間を短縮できる」「コストを削減できる」といったメリットで連想されるのが、アジャイルやDevOpsでしょう。

アジャイルとは

アジャイルとは、迅速性や柔軟性を重視したソフトウェア開発手法の総称です。それまで主流だったウォーターフォール型開発のデメリットを解消するかたちで生まれました。具体的には、「XP」「スクラム」などの開発手法が含まれます。開発製品を機能単位などに分解し、優先度の高い機能から開発を進め、平行して進められるものは平行して開発を進めます。それぞれの開発で「計画・設計・実装・テスト」のサイクルを回しながら進めていきます。開発途中の仕様変更にも柔軟に対応でき、開発スピードが速い点がメリットです。

DevOpsとは

DevOpsとは、開発チームと運用チームが密接に連携し、短い開発期間で高品質のシステムをユーザーへ届けることを目指す開発手法です。なお、「DevOps」の表記は、開発(Development)と運用(Operations)を掛け合わせたものです。開発段階から運用チームが関わることで品質を細かくチェックでき、リリース後の運用段階でも開発チームが関わることで柔軟に修正することができます。新しい開発手法であるアジャイルやDevOpsを実現する手段として、ローコード開発プラットフォームが最適です。

ローコード開発のメリットについては、こちらのページもご覧ください。

【関連ページ】ローコード開発のメリット

ローコード開発は今後のトレンドに

プログラミングを最小限に抑え、GUIの操作で簡単、かつスピーディに開発が行えるローコード開発の進展には、1960年代に生まれたGUIや第四世代言語といった技術や、当時まだ新しかったマウスというデバイスの登場が寄与しています。

そして、ローコード開発の元となる概念が生まれ、「ローコード開発(low-code development)」という言葉が定義され、GAFAMらがローコード開発に将来性を見出し、現在、ローコード開発市場は拡大しつつあります。

ローコード開発は今後のトレンドになっていくといえるでしょう。

 

intra-martへのお問い合わせは
下記よりお願いしますCONTACT