財団法人関東電気保安協会様

目次

サマリー

電気設備点検・保安業務を支える基幹システムをダウンサイジング
intra-martフレームワークで情報系も統合し、IT投資の効率化を実現

業種:情報・通信 / 用途:用途

財団法人関東電気保安協会(以降、関東電気保安協会)は、メインフレームで動いていた電気設備の保安業務基幹システムを、intra-martフレームワーク上で再構築している。また、クライアント/サーバやWebシステムで動いていた約10システムもintra-mart上で統合。2006年から2007年への 1年間だけで、ハード、ソフトの維持、運用委託などを合わせた年間TCO(開発費を除く)を、36%削減することに成功した。さらに、共通部品を活用した開発により、開発コストも、メインフレームに比べて3~4割低減。今後の新規システム開発も柔軟に行える環境を手に入れて、IT投資の効率化を実現した。

関連資料ダウンロード

業務プロセスのデジタル化
フルオートメーション化
柔軟な働き方と圧倒的な生産性を

イントラマートについて詳細をみる

業務プロセスのデジタル化フルオートメーション化で柔軟な働き方と圧倒的な生産性を

導入事例

case

国内の著名企業を中心に8,900以上のお客様に導入されています。

  
東電化(中国)投資有限公司
トーソー
日本特殊陶業
ヤフー
大同火災
地盤ネット
千葉工業大学
三菱総合研究所
理経
赤城乳業
アンデルセン
東洋鋼鈑
三菱商事

IM-Press

業務プロセス改善に関するお役立ち情報を
発信しています。

IM-Press