株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求 お問い合わせ

デジタル変革期、企業が取組むべきアクションとは?業務プロセス改革~自動化へ。企業競争力に差をつける!
IT技術は飛躍的に進化しており、いかにビジネスにスピード感を持って取り入れ企業の成長につなげるかが、競争力強化のキーと言えます。システム共通基盤として進化を遂げたintra-mart、その業務プロセスと新テクノロジー(RPA/AI)の融合による自動化の実現が、ビジネスにどの様な影響をもたらすのか、先進的な事例をご紹介しながらポイントをご説明いたします。
プログラム
14:30

14:40
 
ご挨拶
株式会社NTTデータイントラマート
代表取締役社長 中山 義人
14:40

15:15
 
Session1
ワークフローからBPMへ、業務の自動化と生産性に拘ってきたintra-martの変遷
intra-martは、最新技術と市場ニーズを取り入れながら、お客様のビジネスをサポートするIT基盤として成長してまいりました。これまでのintra-martの歩み、ワークフローからBPMへの拡大、さらにRPA/AI/OCR活用への発展と、intra-martの変遷を振り返りながら今後目指す方向性についてご紹介いたします。
NTTデータイントラマート
15:15

15:45
 
Session2
intra-martをグループ会社でシェアード利用する
intra-martをグループ会社の共通システム基盤として有効活用するためにはどんなことがポイントになるのか、どんなことで困ってしまうか。
シェアード利用ならではの事例をご紹介いたします。
三菱ケミカルシステム株式会社
共通システム事業部 共通システム1部
小島 賢士 氏
15:45
 
Q&A
15:55
 
休憩
16:10

16:50
 
Session3
使い込んでわかったRPA導入ポイント
~RPA×BPM×AIによる全社展開へのチャレンジ~
日本生命保険では2014年12月からRPAを導入し、入力、検索業務を中心にRPAの活用を進めてきました。
1ユーザー部門から始まったRPAも、いよいよ全社展開フェーズに突入しております。本講演では、RPA導入のポイント、および、RPAをスケールアップするにあたり、立ちはだかる課題とその解決への取り組みについてお話いたします。
また、RPAだけでは、大幅な事務効率化は進展しない事実も見えてきております。
国際標準ツールBPMNを活用した事務プロセス可視化を前提に、RPAとAI、RPAとBPMを組みあわせた事務プロセス全体の改革に挑戦していく必要があります。
新技術とRPAのコラボレーションをBPMが支える新たな挑戦についても紹介させていただきます。
日本生命保険相互会社
企業保険契約部
企保事務システム構造改革推進担当部長
宮本 豊司 氏
16:50
 
Q&A




TOP

資料請求 お問い合わせ