このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

NTT 東日本関東病院 様

サマリー

JCI 取得と運用で培った関東病院のノウハウ・創意工夫を注ぎ込み
病院業務のシステム基盤となり得る
「病院マネジメントシステム」の短期開発に成功
業種: 情報システム
用途: 文書管理/社内情報共有

NTT 東日本関東病院(以下、関東病院)は、2011年3 月、JCI 認証を取得した。患者の安全に対する取り組みと医療の質の高さを、世界に向けて実証したのである。認定取得後も、来年2014 年の再認定を目標に、JCI 遵守に向けての活動は続く。同病院では、JCI にのっとった課題管理や文書管理を効率よく行うために、「病院マネジメントシステム」を、intra-mart アプリケーションの「文書管理システム」をベースに用いて開発。管理業務の工数削減、時間短縮、緻密なスケジュール管理、複数スタッフによるシステム共用などを実現した。本システムは、JCI 認定取得を支援するシステムはもとより、国際基準に沿った病院業務の基盤システムとしても注目される。

1.課題 医療の質の高さを世界に示すJCI 認証 取得後も厳しいPDCA活動が続く

2.導入 JCI にのっとった課題管理を支援する 病院マネジメントシステムを開発

3.効果 管理業務の工数と時間が大幅に短縮 複数スタッフによるシステム共用も実現

4.未来 病院業務の基盤システムと位置づけて 日常業務手順へのJCI組み込みを目指す

TOP