このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録
EWS2016

株式会社NTC 様

サマリー

社内用/モバイル用のグループウェアの切り分けで、鉄壁のセキュリティ。
社員の知恵とビジネスの成功を引き出す
スマートなコミュニケーション環境づくりに成功
業種:通信事業、ソフトウェア開発
用途:社内グループウェアの使い分けによるコミュニケーションの活性化

通信系システムインテグレータのNTC(東京都渋谷区)は、社内コミュニケーションの安全性を高め、より活性化するために、イントラネット・スタートパックと、NTTドコモの「モバイルグループウェア」※の2つのグループウェアを導入し、組み合わせて活用している。高いセキュリティレベルが要求される経営資料などは、社内からのアクセスに限定させたイントラネット・スタートパック上で取り扱うことにより、重要情報の社外流出リスクを軽減させた。一方、スケジュールと、社員へ早く伝えたい社内トピックの配信などは、モバイルグループウェア上で提供しており、スマートフォンやタブレットなどの携帯端末を自由に使って、いつでもどこでも利用できる。

2つのグループウェアで扱う情報を明確に切り分けることで、セキュリティとポータビリティの両立に成功。自社の事業所に勤務する社員だけでなくお客様のオフィスに常駐して開発に携わる社員も含め、密度の高い社内コミュニケーションを双方向で快適にとることのできる環境が実現できた。

導入前の経緯

1.課題 円滑なコミュニケーション環境をつくり、社員のロイヤリティを高めたい。

2.導入 同一画面、同一ユーザーインターフェース。
社内用/モバイル用のグループウェアのシームレスな組み合わせを選択。

3.効果 社内用/モバイル用、2本立てグループウェア活用により、
双方向の社内コミュニケーションが活性化。

4.未来 コミュニケーションをさらにスマートに進化させ、社員の知恵を引き出したい。

TOP