健康経営宣言

エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマートは、
社員の健康が企業活力につながると考え、社員とその家族が心身ともに健康で充実した生活を送れるよう、健康増進のための取組みを推進することを宣言します。

  • 健康意識の向上に努めます。
  • ワークライフバランスをサポートします。
  • コミュニケーションの活性化を推進します。

健康経営推進体制

健康経営への取り組み

当社では、健康経営宣言のもと、基本的な健康課題に関して目標を定めるとともに、社員とその家族の健康のため、各種取り組みを実施しています。​

▼スライドしてご覧になれます。

健康課題​ 指標​ 目標 2020年実績
社員の健康意識の向上 定期健診受診率 100 99.6
社員の健康意識の向上 過重労働者への産業医面談実施率 100 100
社員の生活習慣の改善 有所見者への保健指導実施率 100 100
社員の労働習慣の改善 平均総労働時間 1,890時間 1,910時間

各種取り組み

〇カフェテリアプランの導入

2021年4月より、社員個々人のニーズに合わせて選択できるよう福利厚生制度にカフェテリアプランを導入しました。​社員だけでなくその家族も含め心身の健康増進の取り組みを強化するとともに、ワークライフバランスの充実のため、育児や介護、スキルアップから財産形成まで幅広くサポートしています。​
また、社員間のコミュニケーション活性化のため、カフェテリアプランで使用できるポイントの一部を社員間で贈りあえるピアボーナスの仕組みも取り入れております。


〇メンタルヘルス対策

セルフケア研修や管理者向けのラインケア研修の実施だけでなく、ストレスチェックの結果を組織単位で分析し、各組織にフィードバックすることで、組織長を中心に職場改善のための活動しています。​
また、テレワークなどの新しい働き方を推進する中で、パルスサーベイの仕組みを取り入れ、管理者が社員の変化に早期に気づけるようにしています。​


〇その他​

  • ・EAP(Employee Assistance Program:社員支援プログラム)サービスの提供​

  • ・インフルエンザ予防接種の社内実施​

  • ・生活習慣病予防のための食習慣改善アプリの提供

    ​​

業務プロセスのデジタル化
フルオートメーション化
柔軟な働き方と圧倒的な生産性を

イントラマートについて詳細をみる

業務プロセスのデジタル化フルオートメーション化で柔軟な働き方と圧倒的な生産性を
Page top