キャリアステップ


技術職(プロダクトエンジニア)
プロダクトエンジニアは、製品をつくりだす技術職。
プログラミングが得意な方はもちろん、興味はあるもののプログラミングの経験がないという方も歓迎します。
独自の製品を研究開発するプログラミングのプロフェッショナルへの道と、企画設計・製品管理を行うマネージャーとしてのキャリアパスがあります。
入社1年目(仕事を覚えるまで)
入社後の開発職は、プロジェクトに参加しながら、 先輩社員のアシスタントとして業務を学びます。先輩社員と共に働き、プロジェクトの進め方をしっかりと覚えることができます。
既存の製品の仕様をしっかりと理解し、今後の製品開発業務に生かすため自分の力を磨いてください。また1年目でも実力次第では仕事を持ち、少しずつ製品の開発に取り組んでいただくこともあります。

入社2年目前後
当社ではシステムエンジニアがお客様と交渉を行いながら仕事を行うことが多いのに対し、プロダクトエンジニアは基本的には社内で自分の技術とアイデアを駆使して製品開発を行っていきます。2年目からは、実際に提案を行ったり自分の思い描いているアイデアを組み込むことによって製品を開発していきます。
もちろん、会社の武器となる製品を作りだすためには、最新技術と共に「会社が何を求めているのか」「市場は何を求めているのか」をしっかりと理解することが重要です。

入社5年目前後(リーダーとして)
入社5年目を目途に、さらにスキルアップを行っていただきます。
このとき、入社から今までに自分が行ってきた業務を見直し、より責任ある立場としてチャレンジを続けていくための研修「階層研修」を行います。
早い方であれば5年目以降から大きな製品の開発担当や、プロジェクトまとめるリーダーとして活躍していただきます。

入社10年目 (それぞれの道へ)
プロダクトエンジニアとして10年目を目途に、どのような道へ進んでいくのかを決定します。開発職が進む道は2つ。

【マネジメント】
製品を作り上げていくための仕事を管理する、チームを運営するマネージャーとして活躍していただきます。
より良い製品をより効率よく作り上げていくため、スタッフをまとめながら管理を行っていただきます。

【プロフェッショナル】
設計・開発、調査研究を主としてプログラミングを行う、専門職。自らが主体となって、どのような技術、どういったシステムが今後必要になるのかを判断して製品を作り上げていくクリエイティブなプロダクトエンジニアとして、第一線で活躍していただきます。
技術職(システムエンジニア)
システムエンジニアは、お客様と共に、技術面から経営の問題を分析、解決します。
将来的にはエンジニアとしてのプロを目指し、お客様と共に仕事を行っていくプロフェッショナルと、技術面からプロジェクトを管理、運営していくマネージャーとしてのキャリアパスがあります。
入社1年目(仕事を覚えるまで)
入社後の開発職は、プロジェクトに参加しながら、 先輩社員のアシスタントとして業務を学びます。 先輩社員と共に働き、プロジェクトの進め方をしっかりと覚えてください。特に、当社は独自の製品を取り扱っていますから、その特性をしっかりと理解し、今後お客様からの要望にこたえるため、より良いシステムをお客様に届けるための基礎力を磨いていただきます。新人の間は、製品に関する勉強会などに、積極的に参加してください。

入社2年目〜得意分野を広げていく
仕事の全容を理解したら、システムエンジニアとしてどのような方面に自分の才能を生かしていきたいのかを決定しましょう。
例えば、「プロジェクトマネージャーを目指す」という方は最新技術を取り入れ専門的にコーディングや設計方法を学んでいきます。また、プロジェクト全体を見通していくことに興味を覚えたという方は、技術と共にプロジェクトの進行・管理手法を学ぶ方向へと進んでいきます。
もちろんこのふたつだけでなく、プログラミングやデータベース、ワークフローなど様々な分野で自分の得意とする武器を見つけてください。

入社2年目前後 お客様との交渉に強くなる
当社ではシステムエンジニアとして実際にお客様のもとへ赴き、その企業内に常駐して業務を行うこともあります。 早い方であれば1年目の終りから2年目でお客様と交渉を行い、システム上の問題を解決していきます。通常であれば数ヶ月、大きなプロジェクトであれば1年以上をお客様のもとで過ごし、技術と共に交渉力や提案力をつけていきます。

入社5年目前後
入社5年目を目途に、さらにスキルアップを行っていただきます。このとき、入社から今までに自分が行ってきた業務を見直し、より責任ある立場としてチャレンジを続けていくための研修を行います。

入社10年目(それぞれの道へ)
システムエンジニアとして10年目を目途に、どのような道へ進んでいくのかを決定します。
システムエンジニアが進む道は2つ。

【マネジメント】
社員を取り仕切るマネージャーへの道です。責任ある役職として各スタッフをまとめ上げ、技術の面だけでなく経営の面からも会社の向かう先を決定していきます。

【プロフェッショナル】
プロジェクトの進行や製品を管理し、最先端の技術を駆使したあらゆるプロジェクトを推し進められる「お客様と会社を支えるプロフェッショナル」となっていただきます。
これまであなたが磨き上げてきた様々な才能をプロジェクトを円滑に進めるため十二分に発揮してください。
営業職
営業職はお客様の経営をより効率化し、抱えている問題を解決するための提案を行います。
将来的には、営業のプロとして会社を牽引していくプロフェッショナルと、スタッフを統括し会社の道筋を示していくマネージャーへのキャリアパスがあります。
入社1年目(仕事を覚えるまで)
キャリアプランの第一段階は、パートナー支援の方法を学んでいきます。
当社の製品のアピールポイントやお客様の要望に対してどのように答えるかをしっかりと身につけます。一通りの仕事を覚えたら、当社の製品を取り扱うパートナーのもとへ出かけます。
数多くの顧客を抱えるパートナーは、新人である皆さんより豊富な知識を持っていることも多いもの。しっかりとお付き合いをしながら、当社の製品知識、お客様に対するアプローチの方法を学びとってきます。

入社2年目前後 パートナーとのお付き合いを始める
入社後2年目からは、実際に自分が担当するパートナーと一緒に仕事を始めます。
当社には200社を超えるパートナーがいますので、複数の企業とお付き合いするケースがほとんどです。皆さんは新しくリリースされた製品を提案したり、新しいシステムの使い方を紹介することで、パートナーと一緒になって顧客を開拓してください。

入社5年目前後(リーダーとして)
入社5年目を目途に、さらにスキルアップを行っていただきます。入社から今までに自分が行ってきた業務を見直し、実力や営業志向に合わせて、リーダーとしてチームを取りまとめ新人を育てていったり、より多くのパートナーさんや大手の企業を顧客に持つパートナーを支援するなど、責任ある仕事を任せていきたいと思っています。

入社10年目(それぞれの道へ)
営業として10年目を目途に、どのような道へ進んでいくのかを決定します。営業職が進む道は2つ。

【マネジメント】
課長や部長と言った責任ある役職として、スタッフをまとめ上げ営業方針に始まる会社の向かう先を決定していきます。
現場管理に重きを置き、スタッフの動きや会社の経営を円滑に進めるためのコーディネートを行いたいという方はマネージャー職が適任です。

【プロフェッショナル】
セールスのプロとして、お客様への提案営業を始め第一線に立って営業を行っていきます。
現場を第一に考え、常に率先して自らの力を高めていきたいという方はセールスプロフェッショナルが適任です。
TOP