intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.3.5.7. システムノードの補足

  • システムノードは、ワークフローの案件処理中に外部システムやWebサービスからプログラムを実行する等の目的で利用します。

  • システムノードでは、一旦案件の処理を中断し、ノードに設定されたアクション処理プログラム、到達処理プログラムを実行します。

  • システムノードの処理後に後続のノードに処理を進めるためには、処理マネージャAPI(processManager)や IM-Workflow Webサービスの処理系サービス等を利用して、プログラムから処理を進める必要があります。
    このため、案件操作を除いて画面から処理を進めることはできません。

システムノード(到達処理プログラム)

../../../../_images/detail_guide_3_figure_24.png

システムノード(アクション処理プログラム)

../../../../_images/detail_guide_3_figure_25.png