intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.3.5.1. 動的承認ノードの補足

  • 動的ノードの編集(削除、復活)、処理対象者の設定を行うノードを設定する必要があります。
    設定はフロー定義の個別設定で行います。
    また、設定しない状態で動的承認ノードに処理が進んだ場合、動的承認ノードで処理が止まります。

動的承認ノード1(処理対象の追加)

../../../../_images/detail_guide_3_figure_13.png

動的承認ノード2(ノード削除)

../../../../_images/detail_guide_3_figure_14.png

動的承認ノード3(ノード復活)

../../../../_images/detail_guide_3_figure_15.png
  • 動的承認ノードを編集するノードが複数存在する場合、ある前ノードが編集したものを、次の前ノードが再編集できます。

動的承認ノード4

../../../../_images/detail_guide_3_figure_16.png