intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.11.2. 確認対象者

案件の確認ができる利用者のことを「確認対象者」と呼びます。
ルート定義に配置した確認ノードに利用者や利用者の属する組織を設定することで、利用者は「確認対象者」になることができます。
詳細については下記を参照してください。