intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.1. 認可

IM-Workflow の機能を利用するにあたり、intra-mart Accel Platform が提供する認可の設定が必要です。
認可とは、条件(誰が)、リソース(何を)、アクション(どうする) から、許可・不許可を解決する機能です。
リソースには、会社、メニュー項目、画面・処理といった種類があります。

例えば、あるユーザが会社Aに属する組織を検索する場合、そのユーザに対して会社Aへの参照権限が許可されている必要があります。

以降の記述は、サンプルデータセットアップを行った際の認可設定を前提とします。