定数

定数名 定数値
Stringstatic APPLY_ACT_FLAG
申請代理フラグ
Stringstatic APPLY_AUTH_USER_CODE
申請権限者コード
Stringstatic APPLY_AUTH_USER_NAME
申請権限者名
Stringstatic APPLY_BASE_DATE
申請基準日("yyyy/MM/dd"形式の文字列)
Stringstatic APPLY_DATE
申請日("yyyy/MM/dd HH:mm:ss.SSS"形式の文字列)
Stringstatic APPLY_EXECUTE_USER_CODE
申請実行者コード
Stringstatic APPLY_EXECUTE_USER_NAME
申請実行者名
Stringstatic AUTH_COMPANY_CODE
権限者会社コード
Stringstatic AUTH_ORGZ_CODE
権限者組織コード
Stringstatic AUTH_ORGZ_NAME
権限者組織名
Stringstatic AUTH_ORGZ_SET_CODE
権限者組織セットコード
Stringstatic AUTH_USER_CODE
権限者コード
Stringstatic AUTH_USER_NAME
権限者名
Stringstatic AUTO_PROCESS_LIMIT_DATE
自動処理期限
Stringstatic FLOW_GROUP_ID
フローグループID
Stringstatic FLOW_ID
フローID
Stringstatic FLOW_NAME
フロー名
Stringstatic FLOW_VERSION_ID
フローバージョンID
Stringstatic MATTER_NAME
案件名
Stringstatic MATTER_NUMBER
案件番号
Stringstatic NODE_ID
ノードID
Stringstatic NODE_NAME
ノード名
Stringstatic NODE_TYPE
ノード種別
Stringstatic PRESS_LIMIT_DATE
催促処理期限
Stringstatic PRIORITY_LEVEL
優先度
Stringstatic START_DATE
到達日("yyyy/MM/dd HH:mm:ss.SSS"形式の文字列)
Stringstatic STATUS
ノード状態
Stringstatic SYSTEM_MATTER_ID
システム案件ID
Stringstatic USER_DATA_ID
ユーザデータID

コンストラクタの概要

UnprocessActvMatterNodeList (String userCd, String [localeId])
コンストラクタ。
UnprocessActvMatterNodeList (String userCd, String loginGroupId, String localeId) 非推奨
コンストラクタ。
UnprocessActvMatterNodeList(String userCd, String localeId) を使用してください。

メソッドの概要

返却値の型 メソッド名
WorkflowResultInfo getLumpProcessListCountWithFlowGroup (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond, String flowGroupId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で一括で処理できる未完了案件ノードの件数を取得します。
WorkflowResultInfo getLumpProcessListCountWithFlow (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond, String flowId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で一括で処理できる未完了案件ノードの件数を取得します。
WorkflowResultInfo getLumpProcessListCount (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond)
ユーザが一括処理可能な案件ノード件数を取得します。
WorkflowResultInfo getLumpProcessListWithFlowGroup (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond, String flowGroupId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で一括で処理できる未完了案件ノード一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getLumpProcessListWithFlow (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond, String flowId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で一括で処理できる未完了案件ノード一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getLumpProcessList (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond)
ユーザが一括処理可能な案件ノード一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getProcessListCountForEachFlow ()
ユーザが処理可能な案件ノード件数を取得します。
WorkflowResultInfo getProcessListCountWithFlowGroup (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond, String flowGroupId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で処理できる未完了案件ノードの件数を取得します。
WorkflowResultInfo getProcessListCountWithFlow (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond, String flowId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で処理できる未完了案件ノードの件数を取得します。
WorkflowResultInfo getProcessListCount (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond)
ユーザが処理可能な案件ノード件数を取得します。
WorkflowResultInfo getProcessListWithFlowGroup (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond, String flowGroupId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で処理できる未完了案件ノード一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getProcessListWithFlow (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond, String flowId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で処理できる未完了案件ノード一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getProcessList (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond)
ユーザが処理可能な案件ノード一覧を取得します。

コンストラクタの詳細

UnprocessActvMatterNodeList (String userCd, String [localeId])
コンストラクタ。
引数で指定したパラメータで未処理一覧ノードマネージャを新しく生成します。
パラメータ
userCd : String
ユーザコード
[localeId] : String
ロケールID
UnprocessActvMatterNodeList (String userCd, String loginGroupId, String localeId) 非推奨
UnprocessActvMatterNodeList(String userCd, String localeId) を使用してください。
コンストラクタ。
引数で指定したパラメータで未処理一覧ノードマネージャを新しく生成します。
パラメータ
userCd : String
ユーザコード
loginGroupId : String
ログイングループID
localeId : String
ロケールID

メソッドの詳細

WorkflowResultInfo getLumpProcessListCountWithFlowGroup (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond, String flowGroupId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で一括で処理できる未完了案件ノードの件数を取得します。

基本仕様は「boolean, ListSearchCondition) 」と同じです。 このメソッドの特徴を以下に示します。

  • flowGroupId にフローグループIDを指定することで cond にフローグループIDを完全一致で指定した場合と同じ情報を取得します。
  • cond にフローグループIDを指定した場合よりも、flowGroupId にフローグループIDを指定した場合のほうが、 データベース検索処理を効率的に行います。

パラメータ
procAuthCond : ProcessAuthConditionInfo
処理権限条件オブジェクト
noOrgzConditionFlag : Boolean
組織なし条件フラグ
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
flowGroupId : String
フローグループID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getLumpProcessListCountWithFlow (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond, String flowId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で一括で処理できる未完了案件ノードの件数を取得します。

基本仕様は「boolean, ListSearchCondition) 」と同じです。 このメソッドの特徴を以下に示します。

  • flowId にフローIDを指定することで cond にフローIDを完全一致で指定した場合と同じ情報を取得します。
  • cond にフローIDを指定した場合よりも、flowId にフローIDを指定した場合のほうが、 データベース検索処理を効率的に行います。

パラメータ
procAuthCond : ProcessAuthConditionInfo
処理権限条件オブジェクト
noOrgzConditionFlag : Boolean
組織なし条件フラグ
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
flowId : String
フローID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getLumpProcessListCount (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond)
ユーザが一括処理可能な案件ノード件数を取得します。

検索条件を設定する為の引数である「processAuthCond 処理権限条件オブジェクト」の設定は必須です。
「処理権限条件オブジェクト」を設定する際に、どちらの権限取得フラグを「1:取得あり」に設定する必要があります。
全てのフラグを「0:取得なし」にした場合は、該当する案件が存在しないので、取得処理を行わずにdata属性にサイズ0の空オブジェクトを設定して返却します。

検索条件の「noOrgzConditionFlag 組織なし条件フラグ」を「true」に指定した場合には、
一括処理ができる案件の中で、組織が指定されてない一括処理可能な案件のみを取得します。
「組織なし条件」を指定した場合、同じ検索条件「cond 検索条件オブジェクト」にユーザの組織関連のカラムで絞り込み条件を指定するのはできません。
「noOrgzConditionFlag」が「true」の場合、条件オブジェクトの下記カラムに設定された値は無視されます。
・「AUTH_COMPANY_CODE」
・「AUTH_ORGZ_CODE」
・「AUTH_ORGZ_NAME」
・「AUTH_ORGZ_SET_CODE」
・「COMPANY_CODE」
・「ORGZ_SET_CODE」
・「ORGZ_CODE」
・「ORGZ_NAME」
組織が設定されている一括処理ができる案件を取得する場合(=「noOrgzConditionFlag」が「false」の場合)には、
上記カラムは組織を絞る為に指定できます。

検索条件を設定する為の引数である「cond 検索条件オブジェクト」の設定は必須です。
特に検索条件を設定する必要がない場合でもインスタンスを作成して設定する必要があります。

データベースへの検索処理で失敗した場合にはエラー情報を格納した結果オブジェクトを返却します。

IM-Workflowのシステム設定の「threadの設定」が非同期(標準)である場合に、
本メソッドで取得される一覧には、処理中である案件は含まれていません。
到達処理又は案件終了処理が実行中である案件は取得対象から除外されます。

案件情報を取得する為の権限者情報は「imw_t_actv_executable_user」、「imw_t_actv_user_orgz」から取得します。
代理の権限者かのチェックは「imw_t_act」と「imw_t_act_temporary_expand」のデータを用いて行います。
代理者の検索はシステム日付を基準で行います。
案件のノード情報取得する対象テーブルは「imw_t_actv_matter」、「imw_t_actv_matter_locale」、「imw_t_actv_task」です。

検索条件の設定はオブジェクトに定義されている定数値で検索条件を設定できます。
ユーザデータ案件プロパティを取得一覧として取得する条件設定をした場合に、値を取得する対象テーブルは「imw_t_user_data」になります。
詳しい使用方法は「ListSearchCondition#」を参照してください。

ノード単位での一覧ではなく、案件単位での一括処理件数を取得するには「UnprocessActvMatterList#getLumpProcessListCount(ProcessAuthCondition, boolean, ListSearchCondition)」を利用してください。

パラメータ
procAuthCond : ProcessAuthConditionInfo
処理権限条件オブジェクト
noOrgzConditionFlag : Boolean
組織なし条件フラグ
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getLumpProcessListWithFlowGroup (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond, String flowGroupId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で一括で処理できる未完了案件ノード一覧を取得します。

基本仕様は「boolean, ListSearchCondition) 」と同じです。 このメソッドの特徴を以下に示します。

  • flowGroupId にフローグループIDを指定することで cond にフローグループIDを完全一致で指定した場合と同じ情報を取得します。
  • cond にフローグループIDを指定した場合よりも、flowGroupId にフローグループIDを指定した場合のほうが、 データベース検索処理を効率的に行います。

パラメータ
procAuthCond : ProcessAuthConditionInfo
処理権限条件オブジェクト
noOrgzConditionFlag : Boolean
組織なし条件フラグ
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
flowGroupId : String
フローグループID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getLumpProcessListWithFlow (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond, String flowId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で一括で処理できる未完了案件ノード一覧を取得します。

基本仕様は「boolean, ListSearchCondition) 」と同じです。 このメソッドの特徴を以下に示します。

  • flowId にフローIDを指定することで cond にフローIDを完全一致で指定した場合と同じ情報を取得します。
  • cond にフローIDを指定した場合よりも、flowId にフローIDを指定した場合のほうが、 データベース検索処理を効率的に行います。

パラメータ
procAuthCond : ProcessAuthConditionInfo
処理権限条件オブジェクト
noOrgzConditionFlag : Boolean
組織なし条件フラグ
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
flowId : String
フローID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getLumpProcessList (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, Boolean noOrgzConditionFlag, ListSearchCondition cond)
ユーザが一括処理可能な案件ノード一覧を取得します。

検索条件を設定する為の引数である「processAuthCond 処理権限条件オブジェクト」の設定は必須です。
「処理権限条件オブジェクト」を設定する際に、どちらの権限取得フラグを「1:取得あり」に設定する必要があります。
全てのフラグを「0:取得なし」にした場合は、該当する案件が存在しないので、取得処理を行わずにdata属性にサイズ0の空オブジェクトを設定して返却します。

検索条件の「noOrgzConditionFlag 組織なし条件フラグ」を「true」に指定した場合には、
一括処理ができる案件の中で、組織が指定されてない一括処理可能な案件のみを取得します。
「組織なし条件」を指定した場合、同じ検索条件「cond 検索条件オブジェクト」にユーザの組織関連のカラムで絞り込み条件を指定するのはできません。
「noOrgzConditionFlag」が「true」の場合、条件オブジェクトの下記カラムに設定された値は無視されます。
・「AUTH_COMPANY_CODE」
・「AUTH_ORGZ_CODE」
・「AUTH_ORGZ_NAME」
・「AUTH_ORGZ_SET_CODE」
・「COMPANY_CODE」
・「ORGZ_SET_CODE」
・「ORGZ_CODE」
・「ORGZ_NAME」
組織が設定されている一括処理ができる案件を取得する場合(=「noOrgzConditionFlag」が「false」の場合)には、
上記カラムは組織を絞る為に指定できます。

検索条件を設定する為の引数である「cond 検索条件オブジェクト」の設定は必須です。
特に検索条件を設定する必要がない場合でもインスタンスを作成して設定する必要があります。
検索結果が存在しない場合にはdata属性にサイズ0の空オブジェクトを設定して返却します。

データベースへの検索処理で失敗した場合にはエラー情報を格納した結果オブジェクトを返却します。

IM-Workflowのシステム設定の「threadの設定」が非同期(標準)である場合に、
本メソッドで取得される一覧には、処理中である案件は含まれていません。
到達処理又は案件終了処理が実行中である案件は取得対象から除外されます。

案件情報を取得する為の権限者情報は「imw_t_actv_executable_user」、「imw_t_actv_user_orgz」から取得します。
代理の権限者かのチェックは「imw_t_act」と「imw_t_act_temporary_expand」のデータを用いて行います。
代理者の検索はシステム日付を基準で行います。
結果を保存する「未完了案件ノード情報オブジェクト」に設定される案件ノード情報は
「imw_t_actv_matter」、「imw_t_actv_matter_locale」、「imw_t_actv_task」から取得します。

検索条件や、ソート条件の設定はオブジェクトに定義されている定数値で検索条件を設定できます。
ユーザデータ案件プロパティを取得一覧として取得する条件設定をした場合に、値を取得する対象テーブルは「imw_t_user_data」になります。
詳しい使用方法は「ListSearchCondition#」を参照してください。

ノード単位での一覧ではなく、案件単位で一括処理一覧を取得するには「UnprocessActvMatterList#getLumpProcessList(ProcessAuthCondition, boolean, ListSearchCondition)」を利用してください。

パラメータ
procAuthCond : ProcessAuthConditionInfo
処理権限条件オブジェクト
noOrgzConditionFlag : Boolean
組織なし条件フラグ
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getProcessListCountForEachFlow ()
ユーザが処理可能な案件ノード件数を取得します。

フローIDをキーとし、値をフローID毎の未完了案件の件数となるマップを返却します。

返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、キーがフローID、値がフローID毎の未完了(アクティブ)ノード情報件数(Number)のマップが設定されます。
WorkflowResultInfo getProcessListCountWithFlowGroup (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond, String flowGroupId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で処理できる未完了案件ノードの件数を取得します。

基本仕様は「ListSearchCondition) 」と同じです。 このメソッドの特徴を以下に示します。

  • flowGroupId にフローグループIDを指定することで cond にフローグループIDを完全一致で指定した場合と同じ情報を取得します。
  • cond にフローグループIDを指定した場合よりも、flowGroupId にフローグループIDを指定した場合のほうが、 データベース検索処理を効率的に行います。

パラメータ
procAuthCond : ProcessAuthConditionInfo
処理権限条件オブジェクト
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
flowGroupId : String
フローグループID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getProcessListCountWithFlow (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond, String flowId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で処理できる未完了案件ノードの件数を取得します。

基本仕様は「ListSearchCondition) 」と同じです。 このメソッドの特徴を以下に示します。

  • flowId にフローIDを指定することで cond にフローIDを完全一致で指定した場合と同じ情報を取得します。
  • cond にフローIDを指定した場合よりも、flowId にフローIDを指定した場合のほうが、 データベース検索処理を効率的に行います。

返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getProcessListCount (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond)
ユーザが処理可能な案件ノード件数を取得します。

検索条件を設定する為の引数である「processAuthCond 処理権限条件オブジェクト」の設定は必須です。
「処理権限条件オブジェクト」を設定する際に、どちらの権限取得フラグを「1:取得あり」に設定する必要があります。
全てのフラグを「0:取得なし」にした場合は、該当する案件が存在しないので、取得処理を行わずにdata属性に「0」を設定して返却します。

検索条件を設定する為の引数である「cond 検索条件オブジェクト」の設定は必須です。
特に検索条件を設定する必要がない場合でもインスタンスを作成して設定する必要があります。

データベースへの検索処理で失敗した場合にはエラー情報を格納した結果オブジェクトを返却します。

IM-Workflowのシステム設定の「threadの設定」が非同期(標準)である場合に、
本メソッドで取得される一覧には、処理中である案件は含まれていません。
到達処理又は案件終了処理が実行中である案件は取得対象から除外されます。

案件情報を取得する為の権限者情報は「imw_t_actv_executable_user」、「imw_t_actv_user_orgz」から取得します。
代理の権限者かのチェックは「imw_t_act」と「imw_t_act_temporary_expand」のデータを用いて行います。
代理者の検索はシステム日付を基準で行います。
案件のノード情報取得する対象テーブルは「imw_t_actv_matter」、「imw_t_actv_matter_locale」、「imw_t_actv_task」です。

検索条件の設定はオブジェクトに定義されている定数値で検索条件を設定できます。
ユーザデータ案件プロパティを取得一覧として取得する条件設定をした場合に、値を取得する対象テーブルは「imw_t_user_data」になります。
詳しい使用方法は「ListSearchCondition#」を参照してください。

ノード単位での件数でなく、案件単位での件数を取得するには「UnprocessActvMatterList#getProcessListCount(ProcessAuthCondition, ListSearchCondition)」を利用してください。

返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getProcessListWithFlowGroup (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond, String flowGroupId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で処理できる未完了案件ノード一覧を取得します。

基本仕様は「ListSearchCondition) 」と同じです。 このメソッドの特徴を以下に示します。

  • flowGroupId にフローグループIDを指定することで cond にフローグループIDを完全一致で指定した場合と同じ情報を取得します。
  • cond にフローグループIDを指定した場合よりも、flowGroupId にフローグループIDを指定した場合のほうが、 データベース検索処理を効率的に行います。

パラメータ
procAuthCond : ProcessAuthConditionInfo
処理権限条件オブジェクト
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
flowGroupId : String
フローグループID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getProcessListWithFlow (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond, String flowId)
コンストラクタで指定した特定ユーザが本人権限または代理権限で処理できる未完了案件ノード一覧を取得します。

基本仕様は「ListSearchCondition) 」と同じです。 このメソッドの特徴を以下に示します。

  • flowId にフローIDを指定することで cond にフローIDを完全一致で指定した場合と同じ情報を取得します。
  • cond にフローIDを指定した場合よりも、flowId にフローIDを指定した場合のほうが、 データベース検索処理を効率的に行います。

返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getProcessList (ProcessAuthConditionInfo procAuthCond, ListSearchCondition cond)
ユーザが処理可能な案件ノード一覧を取得します。

検索条件を設定する為の引数である「processAuthCond 処理権限条件オブジェクト」の設定は必須です。
「処理権限条件オブジェクト」を設定する際に、どちらの権限取得フラグを「1:取得あり」に設定する必要があります。
全てのフラグを「0:取得なし」にした場合は、該当する案件が存在しないので、取得処理を行わずにdata属性にサイズ0の空オブジェクトを設定して返却します。

検索条件を設定する為の引数である「cond 検索条件オブジェクト」の設定は必須です。
特に検索条件を設定する必要がない場合でもインスタンスを作成して設定する必要があります。
検索結果が存在しない場合にはdata属性にサイズ0の空オブジェクトを設定して返却します。

データベースへの検索処理で失敗した場合にはエラー情報を格納した結果オブジェクトを返却します。

IM-Workflowのシステム設定の「threadの設定」が非同期(標準)である場合に、
本メソッドで取得される一覧には、処理中である案件は含まれていません。
到達処理又は案件終了処理が実行中である案件は取得対象から除外されます。

案件情報を取得する為の権限者情報は「imw_t_actv_executable_user」、「imw_t_actv_user_orgz」から取得します。
代理の権限者かのチェックは「imw_t_act」と「imw_t_act_temporary_expand」のデータを用いて行います。
代理者の検索はシステム日付を基準で行います。
結果を保存する「未完了案件ノード情報オブジェクト」に設定される案件ノード情報は
「imw_t_actv_matter」、「imw_t_actv_matter_locale」、「imw_t_actv_task」から取得します。

検索条件や、ソート条件の設定はオブジェクトに定義されている定数値で検索条件を設定できます。
ユーザデータ案件プロパティを取得一覧として取得する条件設定をした場合に、値を取得する対象テーブルは「imw_t_user_data」になります。
詳しい使用方法は「ListSearchCondition#」を参照してください。

ノード単位での一覧ではなく、案件単位で一覧を取得するには「UnprocessActvMatterList#getProcessList(ProcessAuthCondition, ListSearchCondition)」を利用してください。

返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、未完了(アクティブ)ノード情報オブジェクトの配列が設定されます。