メソッドの概要

返却値の型 メソッド名
WorkflowResultInfo getMatterHistory ()
処理履歴情報を取得します。

メソッドの詳細

WorkflowResultInfo getMatterHistory ()
処理履歴情報を取得します。

※標準履歴詳細画面で使用しているタグリブ「workflow:workflowMatterHistory」と同様の出力結果を取得します。

コンストラクタに指定した「systemMatterId システム案件ID」と「localeId ロケールID」で取得した案件のノード処理履歴をすべて取得します。
履歴を取得する対象ノードは、ユーザが処理する下記のノード種別を持つノードです。
 【ノード種別】
  ・申請ノード
  ・承認ノード
  ・動的承認ノード
  ・システムノード
 
履歴を取得する対象ステータスは、下記のステータスの状態の案件です。
 【ステータス】
  ・未完了
  ・完了
  ・過去
 
コンストラクタで指定した「localeId ロケールID」のロケールで結果を取得します。

取得した結果が複数存在する場合は、処理日時順に返却します。

検索結果が存在しない場合にはdata属性にサイズ0の空オブジェクトを返却します。

本メソッドは差戻しや引戻し等によって、1つのノードが複数回処理された場合には、1つのノードに対して複数履歴が取得されます。

返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、処理履歴情報オブジェクトが設定されます。