コンストラクタの概要

ContentsDataManager ()
コンストラクタ
ContentsDataManager (String loginGroupId) 非推奨
コンストラクタ
ContentsDataManager() を使用してください。

メソッドの概要

返却値の型 メソッド名
WorkflowResultInfo createContentsDataFamily (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を自動調整し新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsData (Array models)
コンテンツ情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsDetailDataFamily (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsDetailDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を自動調整し新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsDetailData (Array models)
コンテンツ詳細情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsImBoxTemplateData (Array models)
コンテンツIMBox情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsMailTemplateData (Array models)
コンテンツメール情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsPagePathData (Array models)
コンテンツ画面パス情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsPluginData (Array models)
コンテンツプラグイン情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo createContentsRuleData (Array models)
コンテンツルール情報を新規作成します。
WorkflowResultInfo deleteContentsDataFamily (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsData (Array models)
コンテンツ情報を削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsDetailDataFamily (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsDetailDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を自動調整し削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsDetailData (Array models)
コンテンツ詳細情報を削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsImBoxTemplateData (Array models)
コンテンツIMBox情報を削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsMailTemplateData (Array models)
コンテンツメール情報を削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsPagePathData (Array models)
コンテンツ画面パス情報を削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsPluginData (Array models)
コンテンツプラグイン情報を削除します。
WorkflowResultInfo deleteContentsRuleData (Array models)
コンテンツルール情報を削除します。
WorkflowResultInfo getContentsDataCountWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ情報の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDataCount (String contentsId)
コンテンツ情報の全ロケール分の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDataFamilyWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ情報と配下の情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDataFamily (String contentsId)
コンテンツ情報と配下の情報を全ロケール分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDataListCountWithAccessAuth (ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDataListCountWithAccessRole (ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ情報の検索結果件数を取得します。
getContentsDataListCountWithAccessAuth (ContentsDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
WorkflowResultInfo getContentsDataListCount (ContentsDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDataListWithAccessAuth (ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件と対象情報でコンテンツ情報を検索します。
WorkflowResultInfo getContentsDataListWithAccessRole (ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ情報を検索します。
getContentsDataListWithAccessAuth (ContentsDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
WorkflowResultInfo getContentsDataList (ContentsDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ情報を検索します。
WorkflowResultInfo getContentsDataWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo getContentsData (String contentsId)
コンテンツ情報を全ロケール分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataCountWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataCount (String contentsId, String contentsVersionId)
コンテンツ詳細情報の全ロケール分の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataFamilyWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報と配下の情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataFamily (String contentsId, String contentsVersionId)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を全ロケール分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListCountWithAccessAuth (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ詳細情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListCountWithAccessRole (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ詳細情報の検索結果件数を取得します。
getContentsDetailDataListCountWithAccessAuth (String contentsId ContentsDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListCountWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報の全バージョン分の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListCount (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ詳細情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListFamilyWithLocaleAndVersionStatuses (String contentsId, String localeId, Array versionStatuses)
指定したロケールIDとバージョンステータスでコンテンツ詳細情報と配下の情報を全バージョン分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListFamilyWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報と配下の情報を全バージョン分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListWithAccessAuth (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件と対象情報でコンテンツ詳細情報を検索します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListWithAccessRole (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ詳細情報を検索します。
getContentsDetailDataListWithAccessAuth (String contentsId ContentsDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListWithLocaleAndVersionStatuses (String contentsId, String localeId, Array versionStatuses)
指定したロケールIDとバージョンステータスでコンテンツ詳細情報を全バージョン分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報を全バージョン分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataList (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ詳細情報を検索します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo getContentsDetailData (String contentsId, String contentsVersionId)
コンテンツ詳細情報を全ロケール分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataCountWithVersionId (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxId, String imBoxType)
指定したコンテンツバージョンIDでコンテンツIMBox情報の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataCount (String imBoxId)
コンテンツIMBox情報の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListCountWithConditionAndAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxType, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツIMBox情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxType, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツIMBox情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListWithAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツIMBox情報を検索します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListWithConditionAndAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxType, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定したIMBox種別と検索条件とアクセスロールでコンテンツIMBox情報を検索します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxType, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツIMBox情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツIMBox情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxId, String imBoxType, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツIMBox情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataCountWithVersionId (String contentsId, String contentsVersionId, String mailId, String mailType)
指定したコンテンツバージョンIDでコンテンツメール情報の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataCount (String mailId)
コンテンツメール情報の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListCountWithConditionAndAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListCountWithConditionAndAccessRole (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報の検索結果件数を取得します。
getContentsMailTemplateDataListCountWithConditionAndAccessAuth (String contentsId String contentsVersionId String mailType ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツメール情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報を検索します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithAccessRole (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報を検索します。
getContentsMailTemplateDataListWithAccessAuth (String contentsId String contentsVersionId ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithConditionAndAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定したメール種別と検索条件と対象情報でコンテンツメール情報を検索します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithConditionAndAccessRole (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
指定したメール種別と検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報を検索します。
getContentsMailTemplateDataListWithConditionAndAccessAuth (String contentsId String contentsVersionId String mailType ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツメール情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツメール情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String mailId, String mailType, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツメール情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataCount (String contentsId, String contentsVersionId, String pagePathId)
コンテンツ画面パス情報の全ロケール分の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String pageType, ContentsPagePathDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ画面パス情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String pageType, ContentsPagePathDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ画面パス情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsPagePathDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツ画面パス情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String pagePathId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ画面パス情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathData (String contentsId, String contentsVersionId, String pagePathId)
コンテンツ画面パス情報を全ロケール分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataCount (String contentsId, String contentsVersionId, String contentsPluginId)
コンテンツプラグイン情報の全ロケール分の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsPluginDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツプラグイン情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsPluginDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツプラグイン情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsPluginDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツプラグイン情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String pluginId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツプラグイン情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo getContentsPluginData (String contentsId, String contentsVersionId, String pluginId)
コンテンツプラグイン情報を全ロケール分取得します。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataCount (String contentsId, String contentsVersionId, String ruleId)
コンテンツルール情報の件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsRuleDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツルール情報の検索結果件数を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsRuleDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツルール情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsRuleDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツルール情報の一覧を取得します。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String ruleId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツルール情報を1件取得します。
WorkflowResultInfo updateContentsDataFamily (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を自動調整し更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsData (Array models)
コンテンツ情報を更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsDetailDataFamily (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsDetailDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を自動調整し更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsDetailData (Array models)
コンテンツ詳細情報を更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsImBoxTemplateData (Array models)
コンテンツIMBox情報を更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsMailTemplateData (Array models)
コンテンツメール情報を更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsPagePathData (Array models)
コンテンツ画面パス情報を更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsPluginData (Array models)
コンテンツプラグイン情報を更新します。
WorkflowResultInfo updateContentsRuleData (Array models)
コンテンツルール情報を更新します。

コンストラクタの詳細

ContentsDataManager ()
コンストラクタ
コンテンツ定義情報管理マネージャを新しく生成します。
ContentsDataManager (String loginGroupId) 非推奨
ContentsDataManager() を使用してください。
コンストラクタ
引数で指定したログイングループIDでコンテンツ定義情報管理マネージャを新しく生成します。
パラメータ
loginGroupId : String
ログイングループID

メソッドの詳細

WorkflowResultInfo createContentsDataFamily (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を新規作成します。

指定したコンテンツ情報、コンテンツ詳細情報、および、各連携情報に基づいて新規作成しますが、データ矛盾のチェックを行いません。

各情報のキー値は親情報のキー値に自動的に統一します。 例えば、コンテンツ情報配下にあるコンテンツ詳細情報のコンテンツID、ロケールIDはコンテンツ情報の設定内容に自動的に置き換わります。

すでに登録済みのバージョンに対して期間調整や自動削除は一切行いません。
コンテンツ詳細情報、および、各連携情報を自動的に新規作成し、登録済みバージョンの期間調整を行う場合は createContentsDataWithAdjust を使用してください。

ワークフロー上で使用可能にするためには、データ矛盾のない各連携情報の登録と登録済みバージョンの期間調整が必要です。
パラメータ
models : Array
コンテンツ情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を自動調整し新規作成します。

指定したコンテンツ情報、コンテンツ詳細情報、および、各連携情報に基づいて新規作成を行い、データ矛盾がある場合は自動的に調整します。

models 内のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールID、開始日、終了日、バージョンステータスは必須で、それ以外の項目は任意です。
models には複数のコンテンツ情報、コンテンツ詳細情報、および、各連携情報を指定することができます。
各情報のキー値は親情報のキー値に自動的に統一します。 例えば、コンテンツ情報配下にあるコンテンツ詳細情報のコンテンツID、ロケールIDはコンテンツ情報の設定内容に自動的に置き換わります。

コンテンツID、ロケールIDに紐付く登録済みのバージョンに対してバージョン期間の調整を行います。
指定したコンテンツ詳細情報のバージョン期間と完全に重複するバージョンは削除され、一部期間が重複するバージョンは隣接するバージョンの期間を重ならないように調整します。
空白のバージョン期間が存在する場合は、システム無効バージョンを新規作成して空白期間を埋めます。
コンテンツ詳細情報を指定しない場合、かつ、コンテンツバージョンが1つも登録されていない場合は、システム無効バージョンを1つだけ新規作成します。

指定したコンテンツ定義がすでにフロー定義で使用されている場合は、使用しているフロー詳細情報配下の各連携情報に初期値を補完します。 すでに最低限の設定が行われている場合は補完しません。

ロケールIDが異なる複数のデータを取り扱う場合は、必ず配列にまとめて本メソッドを1度だけ呼び出してください。
複数回に分けて処理を行うと、コンテンツバージョンIDが正しく採番されないことがあります。

異なるコンテンツとしてバージョンのコピーを行う場合は、新しくコンテンツ情報を作成してコンテンツIDを設定し、getContentsDetailDataFamily の結果を格納して本メソッドを呼び出してください。
同じコンテンツ内でバージョンのコピーを行う場合は、createContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。
パラメータ
models : Array
コンテンツ情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsData (Array models)
コンテンツ情報を新規作成します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報は新規作成しません。
全ての情報を新規作成する場合は createContentsDataFamily、または、 createContentsDataWithAdjust を使用してください。

ワークフロー上で使用可能にするためにはコンテンツ詳細情報、および、各連携情報の作成が必要です。
パラメータ
models : Array
コンテンツ情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsDetailDataFamily (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を新規作成します。

指定したコンテンツ詳細情報、および、各連携情報に基づいて新規作成しますが、データ矛盾のチェックを行いません。

各情報のキー値は親情報のキー値に自動的に統一します。 例えば、コンテンツ詳細情報配下にある各連携情報のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールIDはコンテンツ詳細情報の設定内容に自動的に置き換わります。

すでに登録済みのバージョンに対して期間調整や自動削除は一切行いません。
各連携情報を自動的に新規作成し、登録済みバージョンの期間調整を行う場合は createContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。

ワークフロー上で使用可能にするためには、データ矛盾のない各連携情報の登録と登録済みバージョンの期間調整が必要です。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsDetailDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を自動調整し新規作成します。

指定したコンテンツ詳細情報、および、各連携情報に基づいて新規作成を行い、データ矛盾がある場合は自動的に調整します。

models 内のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールID、開始日、終了日、バージョンステータスは必須で、それ以外の項目は任意です。
models には複数のコンテンツ詳細情報、および、各連携情報を指定することができます。
各情報のキー値は親情報のキー値に自動的に統一します。 例えば、コンテンツ詳細情報配下にある各連携情報のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールIDはコンテンツ詳細情報の設定内容に自動的に置き換わります。

コンテンツID、ロケールIDに紐付く登録済みのバージョンに対してバージョン期間の調整を行います。
指定したコンテンツ詳細情報のバージョン期間と完全に重複するバージョンは削除され、一部期間が重複するバージョンは隣接するバージョンの期間を重ならないように調整します。
空白のバージョン期間が存在する場合は、システム無効バージョンを新規作成して空白期間を埋めます。

指定したコンテンツ定義がすでにフロー定義で使用されている場合は、使用しているフロー詳細情報配下の各連携情報に初期値を補完します。 すでに最低限の設定が行われている場合は補完しません。

ロケールIDが異なる複数のデータを取り扱う場合は、必ず配列にまとめて本メソッドを1度だけ呼び出してください。
複数回に分けて処理を行うと、コンテンツバージョンIDが正しく採番されないことがあります。

同じコンテンツ内にバージョンのコピーを行う場合は、getContentsDetailDataFamily の処理結果に新しく採番したコンテンツバージョンIDを設定して、本メソッドを呼び出してください。
異なるコンテンツとしてバージョンのコピーを行う場合は、createContentsDataWithAdjust を使用してください。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsDetailData (Array models)
コンテンツ詳細情報を新規作成します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は新規作成しません。
全ての情報を新規作成する場合は createContentsDetailDataFamily、または、 createContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。

すでに登録済みのバージョンに対して期間調整や自動削除は一切行いません。
各連携情報を自動的に新規作成し、登録済みバージョンの期間調整を行う場合は createContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。

ワークフロー上で使用可能にするためには、データ矛盾のない各連携情報の登録と登録済みバージョンの期間調整が必要です。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsImBoxTemplateData (Array models)
コンテンツIMBox情報を新規作成します。
パラメータ
models : Array
コンテンツIMBox情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsMailTemplateData (Array models)
コンテンツメール情報を新規作成します。
パラメータ
models : Array
コンテンツメール情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsPagePathData (Array models)
コンテンツ画面パス情報を新規作成します。

models 内のデフォルトフラグに「設定する」が設定されている場合にコンテンツ画面パス情報の同一画面種別の他データ(models 内の画面種別と一致するデータ)のデフォルトフラグを「設定しない」に更新します。

models 内のデフォルトフラグに「設定しない」が設定されている場合は同一画面種別他データの更新を行いません。
パラメータ
models : Array
コンテンツ画面パス情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsPluginData (Array models)
コンテンツプラグイン情報を新規作成します。
パラメータ
models : Array
コンテンツプラグイン情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo createContentsRuleData (Array models)
コンテンツルール情報を新規作成します。
パラメータ
models : Array
コンテンツルール情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsDataFamily (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を削除します。

指定したコンテンツ情報、コンテンツ詳細情報、および、各連携情報の指定に関わらず、キー情報に一致するコンテンツ情報配下の情報を全て削除します。
パラメータ
models : Array
コンテンツ情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsData (Array models)
コンテンツ情報を削除します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報は削除しません。
全ての情報を削除する場合は deleteContentsDataFamily を使用してください。
パラメータ
models : Array
コンテンツ情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsDetailDataFamily (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を削除します。

指定したコンテンツ詳細情報、および、各連携情報の指定に関わらず、キー情報に一致するコンテンツ詳細情報配下の情報を全て削除します。

すでに登録済みのバージョンに対して期間調整や自動削除は一切行いません。
各連携情報を自動的に削除し、登録済みバージョンの自動調整を行う場合は deleteContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsDetailDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を自動調整し削除します。

models 内のコンテンツID、コンテンツバージョンIDは必須で、それ以外の項目は任意です。
ロケールIDに null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を削除します。
コンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールID以外の項目は無視します。

コンテンツID、ロケールIDに紐付く登録済みのバージョンに対してバージョン期間の調整を行います。
空白のバージョン期間が存在する場合は、システム無効バージョンを新規作成して空白期間を埋めます。

指定したコンテンツ詳細情報、および、各連携情報の指定に関わらず、キー情報に一致するコンテンツ詳細情報配下の情報を全て削除します。
指定したコンテンツ定義がすでにフロー定義で使用されている場合は、使用しているフロー詳細情報配下の各連携情報も削除します。 フロー詳細情報(フローバージョン)は更新しません。

ロケールIDが異なる複数のデータを取り扱う場合は、必ず配列にまとめて本メソッドを1度だけ呼び出してください。
複数回に分けて処理を行うと、コンテンツ詳細情報の整合性が保証されない場合があります。

ワークフロー上でコンテンツ詳細情報を使用可能にするためには、登録済みバージョンの期間調整が必要です。
コンテンツ詳細情報を削除する場合は本メソッドを使用してください。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsDetailData (Array models)
コンテンツ詳細情報を削除します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は削除しません。
全ての情報を削除する場合は deleteContentsDetailDataFamily、または、 deleteContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。

すでに登録済みのバージョンに対して期間調整や自動削除は一切行いません。
各連携情報を自動的に削除し、登録済みバージョンの自動調整を行う場合は deleteContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsImBoxTemplateData (Array models)
コンテンツIMBox情報を削除します。

本メソッドを実行してコンテンツIMBox情報を削除した場合、フロー定義で登録されているIMBox情報も削除します。
パラメータ
models : Array
コンテンツIMBox情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsMailTemplateData (Array models)
コンテンツメール情報を削除します。

本メソッドを実行してコンテンツメール情報を削除した場合、フロー定義で登録されているメール情報も削除します。
パラメータ
models : Array
コンテンツメール情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsPagePathData (Array models)
コンテンツ画面パス情報を削除します。

本メソッドを実行してコンテンツ画面パス情報を削除した場合、フロー定義で登録されている画面情報も削除します。
パラメータ
models : Array
コンテンツ画面パス情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsPluginData (Array models)
コンテンツプラグイン情報を削除します。

本メソッドを実行してコンテンツプラグイン情報を削除した場合、フロー定義で登録されているプラグイン情報も削除します。
パラメータ
models : Array
コンテンツプラグイン情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo deleteContentsRuleData (Array models)
コンテンツルール情報を削除します。

本メソッドを実行してコンテンツルート情報を削除した場合、フロー定義で登録されているルート情報も削除します。
パラメータ
models : Array
コンテンツルール情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataCountWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ情報の件数を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataCount (String contentsId)
コンテンツ情報の全ロケール分の件数を取得します。

ロケールの指定を行う場合は getContentsDataCountWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataFamilyWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ情報と配下の情報を1件取得します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報の取得も行います。
各情報のうち、国際化対応されているものに関しては、指定したロケールIDのみを取得します。
システムの負荷が高くなる可能性がありますので、必要な場合にのみ使用してください。

該当するコンテンツ情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataFamily (String contentsId)
コンテンツ情報と配下の情報を全ロケール分取得します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報の取得も行います。
システムの負荷が高くなる可能性がありますので、必要な場合にのみ使用してください。

ロケールの指定を行う場合は getContentsDataFamilyWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataListCountWithAccessAuth (ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ情報の検索結果件数を取得します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ情報をカウント対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataListCountWithAccessRole (ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
getContentsDataListCountWithAccessAuth (ContentsDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ情報の検索結果件数を取得します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ情報をカウント対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
パラメータ
condition : ContentsDataSearchConditionInfo
コンテンツ定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
accessRoles : Array
アクセスロールの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataListCount (ContentsDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

対象情報の指定を行う場合は getContentsDataListCountWithAccessAuth を使用してください。
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataListWithAccessAuth (ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件と対象情報でコンテンツ情報を検索します。

指定した対象情報に紐付き、参照権限があるコンテンツ情報を検索対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報は取得しません。
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataListWithAccessRole (ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
getContentsDataListWithAccessAuth (ContentsDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ情報を検索します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ情報を検索対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報は取得しません。
パラメータ
condition : ContentsDataSearchConditionInfo
コンテンツ定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
accessRoles : Array
アクセスロールの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataList (ContentsDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ情報を検索します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報は取得しません。

対象情報の指定を行う場合は getContentsDataListWithAccessAuth を使用してください。
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDataWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ情報を1件取得します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報は取得しません。
全ての情報を取得する場合は getContentsDataFamilyWithLocale を使用してください。

該当するコンテンツ情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsData (String contentsId)
コンテンツ情報を全ロケール分取得します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報は取得しません。
全ての情報を取得する場合は getContentsDataFamily を使用してください。

ロケールの指定を行う場合は getContentsDataWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataCountWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報の件数を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataCount (String contentsId, String contentsVersionId)
コンテンツ詳細情報の全ロケール分の件数を取得します。

ロケールの指定を行う場合は getContentsDetailDataCountWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataFamilyWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報と配下の情報を1件取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報の取得も行います。
各情報のうち、国際化対応されているものに関しては、指定したロケールIDのみを取得します。
システムの負荷が高くなる可能性がありますので、必要な場合にのみ使用してください。

該当するコンテンツ詳細情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataFamily (String contentsId, String contentsVersionId)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を全ロケール分取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報の取得も行います。
システムの負荷が高くなる可能性がありますので、必要な場合にのみ使用してください。

ロケールの指定を行う場合は getContentsDetailDataFamilyWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListCountWithAccessAuth (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ詳細情報の検索結果件数を取得します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ詳細情報をカウント対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
condition : ContentsDataSearchConditionInfo
コンテンツ定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
models : Array
対象情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListCountWithAccessRole (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
getContentsDetailDataListCountWithAccessAuth (String contentsId ContentsDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ詳細情報の検索結果件数を取得します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ詳細情報をカウント対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
condition : ContentsDataSearchConditionInfo
コンテンツ定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
accessRoles : Array
アクセスロールの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListCountWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報の全バージョン分の件数を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListCount (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ詳細情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

アクセスロールの指定を行う場合は getContentsDetailDataListCountWithAccessAuth を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
condition : ContentsDataSearchConditionInfo
コンテンツ定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListFamilyWithLocaleAndVersionStatuses (String contentsId, String localeId, Array versionStatuses)
指定したロケールIDとバージョンステータスでコンテンツ詳細情報と配下の情報を全バージョン分取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報の取得も行います。
システムの負荷が高くなる可能性がありますので、必要な場合にのみ使用してください。
バージョンステータスには、ユーザ有効化・ユーザ無効化・システム無効化のいずれかを指定してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
localeId : String
ロケールID
versionStatuses : Array
バージョンステータスの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListFamilyWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報と配下の情報を全バージョン分取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報の取得も行います。
システムの負荷が高くなる可能性がありますので、必要な場合にのみ使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListWithAccessAuth (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件と対象情報でコンテンツ詳細情報を検索します。

指定した対象情報に紐付き、参照権限があるコンテンツ詳細情報を検索対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は取得しません。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
condition : ContentsDataSearchConditionInfo
コンテンツ定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
models : Array
対象情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListWithAccessRole (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
getContentsDetailDataListWithAccessAuth (String contentsId ContentsDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツ詳細情報を検索します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ詳細情報を検索対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は取得しません。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
condition : ContentsDataSearchConditionInfo
コンテンツ定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
accessRoles : Array
アクセスロールの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListWithLocaleAndVersionStatuses (String contentsId, String localeId, Array versionStatuses)
指定したロケールIDとバージョンステータスでコンテンツ詳細情報を全バージョン分取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は取得しません。
全ての情報を取得する場合は getContentsDetailDataListFamilyWithLocaleAndVersionStatuses を使用してください。
バージョンステータスには、ユーザ有効化・ユーザ無効化・システム無効化のいずれかを指定してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
localeId : String
ロケールID
versionStatuses : Array
バージョンステータスの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataListWithLocale (String contentsId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報を全バージョン分取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は取得しません。
全ての情報を取得する場合は getContentsDetailDataListFamilyWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataList (String contentsId, ContentsDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ詳細情報を検索します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は取得しません。

対象情報の指定を行う場合は getContentsDetailDataListWithAccessAuth を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
condition : ContentsDataSearchConditionInfo
コンテンツ定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ詳細情報を1件取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は取得しません。
全ての情報を取得する場合は getContentsDetailDataFamilyWithLocale を使用してください。

該当するコンテンツ詳細情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsDetailData (String contentsId, String contentsVersionId)
コンテンツ詳細情報を全ロケール分取得します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は取得しません。
全ての情報を取得する場合は getContentsDetailDataFamily を使用してください。

ロケールの指定を行う場合は getContentsDetailDataWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataCountWithVersionId (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxId, String imBoxType)
指定したコンテンツバージョンIDでコンテンツIMBox情報の件数を取得します。

1つのバージョン内の全コンテンツIMBox情報の件数を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
imBoxId : String
IMBoxID
imBoxType : String
IMBox種別
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataCount (String imBoxId)
コンテンツIMBox情報の件数を取得します。
パラメータ
imBoxId : String
IMBoxID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListCountWithConditionAndAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxType, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツIMBox情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
imBoxType に null を指定した場合は、全IMBox種別が検索対象になります。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
imBoxType : String
IMBox種別
condition : ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツIMBox定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
models : Array
対象情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxType, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツIMBox情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
imBoxType に null を指定した場合は、全IMBox種別が検索対象になります。

アクセスロールの指定を行う場合は getContentsImBoxTemplateDataListCountWithConditionAndAccessAuth を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
imBoxType : String
IMBox種別
condition : ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツIMBox定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListWithAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツIMBox情報を検索します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ情報を検索対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツIMBox情報の情報以外に、IMBoxテンプレート情報のIMBox名とIMBoxテンプレート種別情報のデフォルトフラグも取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
condition : ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツIMBox定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
models : Array
対象情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListWithConditionAndAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxType, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定したIMBox種別と検索条件とアクセスロールでコンテンツIMBox情報を検索します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
imBoxType に null を指定した場合は、全IMBox種別が検索対象になります。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
imBoxType : String
IMBox種別
condition : ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツIMBox定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
models : Array
対象情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxType, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツIMBox情報の一覧を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
imBoxType に null を指定した場合は、全IMBox種別が検索対象になります。

アクセスロールの指定を行う場合は getContentsImBoxTemplateDataListWithConditionAndAccessAuth を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
imBoxType : String
IMBox種別
condition : ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツIMBox定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツIMBox情報の一覧を取得します。

コンテンツIMBox情報の情報以外に、IMBoxテンプレート情報のIMBox名とIMBoxテンプレート種別情報のデフォルトフラグも取得します。
condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。

アクセスロールの指定を行う場合は getContentsImBoxTemplateDataListWithAccessAuth を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
condition : ContentsImBoxTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツIMBox定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsImBoxTemplateDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String imBoxId, String imBoxType, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツIMBox情報を1件取得します。

コンテンツIMBox情報以外に、親情報のIMBoxテンプレート情報も1件取得します。
該当するコンテンツIMBox情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
imBoxId : String
IMBoxID
imBoxType : String
IMBox種別
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツIMBox情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataCountWithVersionId (String contentsId, String contentsVersionId, String mailId, String mailType)
指定したコンテンツバージョンIDでコンテンツメール情報の件数を取得します。

1つのバージョン内の全コンテンツメール情報の件数を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
mailId : String
メールID
mailType : String
メール種別
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataCount (String mailId)
コンテンツメール情報の件数を取得します。
パラメータ
mailId : String
メールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListCountWithConditionAndAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
mailType に null を指定した場合は、全メール種別が検索対象になります。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
mailType : String
メール種別
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
models : Array
対象情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListCountWithConditionAndAccessRole (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
getContentsMailTemplateDataListCountWithConditionAndAccessAuth (String contentsId String contentsVersionId String mailType ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
mailType に null を指定した場合は、全メール種別が検索対象になります。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
mailType : String
メール種別
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
accessRoles : Array
アクセスロールの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツメール情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
mailType に null を指定した場合は、全メール種別が検索対象になります。

対象情報の指定を行う場合は getContentsMailTemplateDataListCountWithConditionAndAccessAuth を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
mailType : String
メール種別
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報を検索します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ情報を検索対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツメール情報の情報以外に、メールテンプレート情報のメール名とメールテンプレート種別情報のデフォルトフラグも取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
models : Array
対象情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithAccessRole (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
getContentsMailTemplateDataListWithAccessAuth (String contentsId String contentsVersionId ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
指定した検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報を検索します。

指定したアクセスロールに紐付き、参照権限があるコンテンツ情報を検索対象にします。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。

コンテンツメール情報の情報以外に、メールテンプレート情報のメール名とメールテンプレート種別情報のデフォルトフラグも取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
accessRoles : Array
アクセスロールの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithConditionAndAccessAuth (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array models)
指定したメール種別と検索条件と対象情報でコンテンツメール情報を検索します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
mailType に null を指定した場合は、全メール種別が検索対象になります。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
mailType : String
メール種別
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
models : Array
対象情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithConditionAndAccessRole (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition, Array accessRoles) 非推奨
getContentsMailTemplateDataListWithConditionAndAccessAuth (String contentsId String contentsVersionId String mailType ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition TargetInfo[] models) を使用してください。
指定したメール種別と検索条件とアクセスロールでコンテンツメール情報を検索します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
mailType に null を指定した場合は、全メール種別が検索対象になります。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
mailType : String
メール種別
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
accessRoles : Array
アクセスロールの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String mailType, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツメール情報の一覧を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
mailType に null を指定した場合は、全メール種別が検索対象になります。

アクセスロールの指定を行う場合は getContentsMailTemplateDataListWithConditionAndAccessAuth を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
mailType : String
メール種別
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツメール情報の一覧を取得します。

コンテンツメール情報の情報以外に、メールテンプレート情報のメール名とメールテンプレート種別情報のデフォルトフラグも取得します。
condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。

アクセスロールの指定を行う場合は getContentsMailTemplateDataListWithAccessAuth を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
condition : ContentsMailTemplateDataSearchConditionInfo
コンテンツメール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsMailTemplateDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String mailId, String mailType, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツメール情報を1件取得します。

コンテンツメール情報以外に、親情報のメールテンプレート情報も1件取得します。
該当するコンテンツメール情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
mailId : String
メールID
mailType : String
メール種別
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツメール情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataCount (String contentsId, String contentsVersionId, String pagePathId)
コンテンツ画面パス情報の全ロケール分の件数を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
pagePathId : String
画面ID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ画面パス情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String pageType, ContentsPagePathDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ画面パス情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
pageType に null を指定した場合は、全画面種別が検索対象になります。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
pageType : String
画面種別
condition : ContentsPagePathDataSearchConditionInfo
コンテンツ画面パス定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ画面パス情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, String pageType, ContentsPagePathDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツ画面パス情報の一覧を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
pageType に null を指定した場合は、全画面種別が検索対象になります。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
pageType : String
画面種別
condition : ContentsPagePathDataSearchConditionInfo
コンテンツ画面パス定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ画面パス情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsPagePathDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツ画面パス情報の一覧を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
condition : ContentsPagePathDataSearchConditionInfo
コンテンツ画面パス定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ画面パス情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String pagePathId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツ画面パス情報を1件取得します。

該当するコンテンツ画面パス情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
pagePathId : String
画面パスID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ画面パス情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPagePathData (String contentsId, String contentsVersionId, String pagePathId)
コンテンツ画面パス情報を全ロケール分取得します。

ロケールの指定を行う場合は getContentsPagePathDataWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
pagePathId : String
画面パスID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツ画面パス情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataCount (String contentsId, String contentsVersionId, String contentsPluginId)
コンテンツプラグイン情報の全ロケール分の件数を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
contentsPluginId : String
コンテンツプラグインID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツプラグイン情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsPluginDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツプラグイン情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
condition : ContentsPluginDataSearchConditionInfo
コンテンツプラグイン定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツプラグイン情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsPluginDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツプラグイン情報の一覧を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
condition : ContentsPluginDataSearchConditionInfo
コンテンツプラグイン定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツプラグイン情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsPluginDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツプラグイン情報の一覧を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
condition : ContentsPluginDataSearchConditionInfo
コンテンツプラグイン定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツプラグイン情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPluginDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String pluginId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツプラグイン情報を1件取得します。

該当するコンテンツプラグイン情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
pluginId : String
プラグインID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツプラグイン情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsPluginData (String contentsId, String contentsVersionId, String pluginId)
コンテンツプラグイン情報を全ロケール分取得します。

ロケールの指定を行う場合は getContentsPluginDataWithLocale を使用してください。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
pluginId : String
プラグインID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツプラグイン情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataCount (String contentsId, String contentsVersionId, String ruleId)
コンテンツルール情報の件数を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
ruleId : String
ルールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツルール情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataListCountWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsRuleDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツルール情報の検索結果件数を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
condition : ContentsRuleDataSearchConditionInfo
コンテンツルール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツルール情報の件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataListWithCondition (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsRuleDataSearchConditionInfo condition)
指定した検索条件でコンテンツルール情報の一覧を取得します。

condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
null を指定した場合は、登録されている全ロケール分を取得します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
コンテンツバージョンID
condition : ContentsRuleDataSearchConditionInfo
コンテンツルール定義一覧情報検索条件情報オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツルール情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataList (String contentsId, String contentsVersionId, ContentsRuleDataSearchConditionInfo condition)
指定したロケールIDでコンテンツルール情報の一覧を取得します。

コンテンツルール情報の情報以外に、ルール情報のルール名称と結合条件も取得します。
condition で指定したロケールIDを検索条件に使用します。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
condition : ContentsRuleDataSearchConditionInfo
コンテンツルール一覧情報検索条件オブジェクト
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツルール情報オブジェクトの配列が設定されます。
WorkflowResultInfo getContentsRuleDataWithLocale (String contentsId, String contentsVersionId, String ruleId, String localeId)
指定したロケールIDでコンテンツルール情報を1件取得します。

コンテンツルール情報以外に、親情報のルール情報も1件取得します。
該当するコンテンツルール情報が見つからなかった場合は、処理結果のdata属性にnullが設定されます。
パラメータ
contentsId : String
コンテンツID
contentsVersionId : String
バージョンID
ruleId : String
ルールID
localeId : String
ロケールID
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、コンテンツルール情報オブジェクトが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsDataFamily (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を更新します。

指定したコンテンツ情報、コンテンツ詳細情報、および、各連携情報に基づいて更新しますが、データ矛盾のチェックを行いません。

models 内のコンテンツID、ロケールIDは必須で、それ以外の項目は任意です。
各情報のキー値は親情報のキー値に自動的に統一します。 例えば、コンテンツ情報配下にあるコンテンツ詳細情報のコンテンツID、ロケールIDはコンテンツ情報の設定内容に自動的に置き換わります。

すでに登録済みのバージョンに対して期間調整や自動削除は一切行いません。
コンテンツ詳細情報、および、各連携情報を自動的に更新し、登録済みバージョンの期間調整を行う場合は updateContentsDataWithAdjust を使用してください。

ワークフロー上で使用可能にするためには、データ矛盾のない各連携情報の登録と登録済みバージョンの期間調整が必要です。
パラメータ
models : Array
コンテンツ情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ情報と配下の情報を自動調整し更新します。

指定したコンテンツ情報、コンテンツ詳細情報、および、各連携情報に基づいて更新を行い、データ矛盾がある場合は自動的に調整します。

models 内のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールID、開始日、終了日、バージョンステータスは必須で、それ以外の項目は任意です。
models には複数のコンテンツ情報、コンテンツ詳細情報、および、各連携情報を指定することができます。
各情報のキー値は親情報のキー値に自動的に統一します。 例えば、コンテンツ情報配下にあるコンテンツ詳細情報のコンテンツID、ロケールIDはコンテンツ情報の設定内容に自動的に置き換わります。

コンテンツID、ロケールIDに紐付く登録済みのバージョンに対してバージョン期間の調整を行います。
指定したコンテンツ詳細情報のバージョン期間と完全に重複するバージョンは削除され、一部期間が重複するバージョンは隣接するバージョンの期間を重ならないように調整します。
空白のバージョン期間が存在する場合は、システム無効バージョンを新規作成して空白期間を埋めます。
コンテンツ詳細情報を指定しない場合、かつ、コンテンツバージョンが1つも登録されていない場合は、システム無効バージョンを1つだけ新規作成します。

指定したコンテンツ定義がすでにフロー定義で使用されている場合は、使用しているフロー詳細情報配下の各連携情報に初期値を補完します。 すでに最低限の設定が行われている場合は補完しません。

ロケールIDが異なる複数のデータを取り扱う場合は、必ず配列にまとめて本メソッドを1度だけ呼び出してください。
複数回に分けて処理を行うと、コンテンツバージョンIDが正しく採番されないことがあります。

コンテンツ詳細情報と配下の情報を更新しない場合は、updateContentsData を使用することでシステム負荷を抑えることができます。
パラメータ
models : Array
コンテンツ情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsData (Array models)
コンテンツ情報を更新します。

コンテンツ詳細情報、および、各連携情報は更新しません。
全ての情報を更新する場合は updateContentsDataFamily、または、 updateContentsDataWithAdjust を使用してください。

ワークフロー上で使用可能にするためにはコンテンツ詳細情報、および、各連携情報の更新が必要です。
パラメータ
models : Array
コンテンツ情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsDetailDataFamily (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を更新します。

指定したコンテンツ詳細情報、および、各連携情報に基づいて更新しますが、データ矛盾のチェックを行いません。

models 内のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールIDは必須で、それ以外の項目は任意です。
各情報のキー値は親情報のキー値に自動的に統一します。 例えば、コンテンツ詳細情報配下にある各連携情報のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールIDはコンテンツ詳細情報の設定内容に自動的に置き換わります。

すでに登録済みのバージョンに対して期間調整や自動削除は一切行いません。
各連携情報を自動的に更新し、登録済みバージョンの期間調整を行う場合は updateContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。

ワークフロー上で使用可能にするためには、データ矛盾のない各連携情報の登録と登録済みバージョンの期間調整が必要です。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsDetailDataWithAdjust (Array models)
コンテンツ詳細情報と配下の情報を自動調整し更新します。

指定したコンテンツ詳細情報、および、各連携情報に基づいて更新を行い、データ矛盾がある場合は自動的に調整します。

models 内のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールID、開始日、終了日、バージョンステータスは必須で、それ以外の項目は任意です。
models には複数のコンテンツ詳細情報、および、各連携情報を指定することができます。
各情報のキー値は親情報のキー値に自動的に統一します。 例えば、コンテンツ詳細情報配下にある各連携情報のコンテンツID、コンテンツバージョンID、ロケールIDはコンテンツ詳細情報の設定内容に自動的に置き換わります。

コンテンツID、ロケールIDに紐付く登録済みのバージョンに対してバージョン期間の調整を行います。
指定したコンテンツ詳細情報のバージョン期間と完全に重複するバージョンは削除され、一部期間が重複するバージョンは隣接するバージョンの期間を重ならないように調整します。
空白のバージョン期間が存在する場合は、システム無効バージョンを新規作成して空白期間を埋めます。

指定したコンテンツ定義がすでにフロー定義で使用されている場合は、使用しているフロー詳細情報配下の各連携情報に初期値を補完します。 すでに最低限の設定が行われている場合は補完しません。

ロケールIDが異なる複数のデータを取り扱う場合は、必ず配列にまとめて本メソッドを1度だけ呼び出してください。
複数回に分けて処理を行うと、コンテンツバージョンIDが正しく採番されないことがあります。

バージョン期間と配下の情報を更新しない場合は、updateContentsDetailData を使用することでシステム負荷を抑えることができます。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsDetailData (Array models)
コンテンツ詳細情報を更新します。

コンテンツ詳細情報配下の各連携情報は更新しません。
全ての情報を更新する場合は updateContentsDetailDataFamily、または、 updateContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。

すでに登録済みのバージョンに対して期間調整や自動削除は一切行いません。
各連携情報を自動的に更新し、登録済みバージョンの期間調整を行う場合は updateContentsDetailDataWithAdjust を使用してください。

ワークフロー上で使用可能にするためには、データ矛盾のない各連携情報の登録と登録済みバージョンの期間調整が必要です。
パラメータ
models : Array
コンテンツ詳細情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsImBoxTemplateData (Array models)
コンテンツIMBox情報を更新します。
パラメータ
models : Array
コンテンツIMBox情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsMailTemplateData (Array models)
コンテンツメール情報を更新します。
パラメータ
models : Array
コンテンツメール情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsPagePathData (Array models)
コンテンツ画面パス情報を更新します。
パラメータ
models : Array
コンテンツ画面パス情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsPluginData (Array models)
コンテンツプラグイン情報を更新します。
パラメータ
models : Array
コンテンツプラグイン情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。
WorkflowResultInfo updateContentsRuleData (Array models)
コンテンツルール情報を更新します。
パラメータ
models : Array
コンテンツルール情報オブジェクトの配列
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、nullが設定されます。