定数

定数名 定数値
Stringstatic ACT_FLAG
代理フラグ
Stringstatic APPLY_ACT_FLAG
申請代理フラグ
Stringstatic APPLY_AUTH_USER_CODE
申請権限者コード
Stringstatic APPLY_AUTH_USER_NAME
申請権限者名
Stringstatic APPLY_BASE_DATE
申請基準日("yyyy/MM/dd"形式の文字列)
Stringstatic APPLY_DATE
申請日("yyyy/MM/dd HH:mm:ss.SSS"形式の文字列)
Stringstatic APPLY_EXECUTE_USER_CODE
申請実行者コード
Stringstatic APPLY_EXECUTE_USER_NAME
申請実行者名
Stringstatic AUTH_COMPANY_CODE
権限者会社コード
Stringstatic AUTH_ORGZ_CODE
権限者組織コード
Stringstatic AUTH_ORGZ_NAME
権限者組織名
Stringstatic AUTH_ORGZ_SET_CODE
権限者組織セットコード
Stringstatic AUTH_USER_CODE
権限者コード
Stringstatic AUTH_USER_NAME
権限者名
Stringstatic EXECUTE_USER_CODE
実行者コード
Stringstatic EXECUTE_USER_NAME
実行者名
Stringstatic FLOW_GROUP_ID
フローグループID
Stringstatic FLOW_ID
フローID
Stringstatic FLOW_NAME
フロー名
Stringstatic FLOW_VERSION_ID
フローバージョンID
Stringstatic HANDLE_LEVEL
操作レベル
Stringstatic MATTER_CPL_DATE
案件終了日("yyyy/MM/dd HH:mm:ss.SSS"形式の文字列)
Stringstatic MATTER_NAME
案件名
Stringstatic MATTER_NUMBER
案件番号
Stringstatic PRIORITY_LEVEL
優先度
Stringstatic STATUS
案件完了状態
Stringstatic SYSTEM_MATTER_ID
システム案件ID
Stringstatic USER_DATA_ID
ユーザデータID

コンストラクタの概要

ArcMatterAdminListWithHandleLevel (String archiveMonth)
コンストラクタ
ArcMatterAdminListWithHandleLevel (String localeId, String archiveMonth)
コンストラクタ

メソッドの概要

返却値の型 メソッド名
WorkflowResultInfo getArcMatterListCount (ListSearchCondition cond, String wkfOpeAdmorCode)
管理者が参照できる過去案件件数を取得します。
WorkflowResultInfo getArcMatterList (ListSearchCondition cond, String wkfOpeAdmorCode)
管理者が参照できる過去案件一覧を取得します。

コンストラクタの詳細

ArcMatterAdminListWithHandleLevel (String archiveMonth)
コンストラクタ
引数で指定したアーカイブ年月(yyyyMM)で、過去案件一覧管理マネージャ(操作レベルを含む)を新しく生成します。

案件情報に含まれる国際化情報(フロー名、申請権限者名、申請実行者名)を取得する際は、アカウントコンテキストのロケールIDで検索します。
パラメータ
archiveMonth : String
アーカイブ年月(yyyyMM)
ArcMatterAdminListWithHandleLevel (String localeId, String archiveMonth)
コンストラクタ
引数で指定したロケールID、アーカイブ年月(yyyyMM)で、過去案件一覧管理マネージャ(操作レベルを含む)を新しく生成します。

案件情報に含まれる国際化情報(フロー名、申請権限者名、申請実行者名)を取得する際は、引数で指定したロケールIDで検索します。
パラメータ
localeId : String
ロケールID
archiveMonth : String
アーカイブ年月(yyyyMM)

メソッドの詳細

WorkflowResultInfo getArcMatterListCount (ListSearchCondition cond, String wkfOpeAdmorCode)
管理者が参照できる過去案件件数を取得します。

検索条件を設定する為の引数である「cond 検索条件」の設定は必須です。
検索条件による絞り込みを行わない場合でも、オブジェクトを作成して設定する必要があります。

「wkfOpeAdmorCode ワークフロー運用管理者コード」の設定は必須ではありませんが、設定によって動作が異なります。
運用管理者コードを設定していない( null もしくはブランクを指定した)場合には、ワークフローシステム管理者として参照できる全案件の一覧を全て取得します。
運用管理者コードを設定した場合には、そのユーザが持っている権限をもとに運用管理者権限があるかをチェックし、運用管理者として参照権限がある案件の一覧を全て取得します。
同一のフローに対し複数の管理グループが異なる操作レベルを設定している場合、「操作可」設定がひとつでも存在すれば「操作可」として扱います。
なお、操作レベルとして想定していない値(「参照可」もしくは「操作可」以外)が登録されている場合、当メソッドでは「操作可」として扱います。

コンストラクタで指定した「archiveMonth アーカイブ年月(yyyyMM)」に対して、過去案件テーブルが存在しない場合は 0 を返却します。

案件情報は、「imw_ayyyymm_matter」、「imw_ayyyymm_matter_local」、「imw_ayyyymm_matter_task」から取得します。
テーブル名に含まれる「yyyymm」は、コンストラクタで指定する「archiveMonth アーカイブ年月(yyyyMM)」に相当します。

運用管理者コードを設定した時にユーザの権限と突き合わせるテーブルは、マスタ系の管理グループ定義関連テーブルである「imw_m_administration_plugin」と「imw_m_administration_target」です。

検索条件やソート条件は、本オブジェクトに定義されている定数値を設定できます。
このとき、返却オブジェクトに指定されていないフィールドでのソートはできないため注意してください。
ユーザデータ案件プロパティを取得する条件設定をした場合、値の取得対象テーブルは「imw_ayyyymm_matter_user_data」になります。
詳しい使用方法は「ListSearchCondition」を参照してください。

パラメータ
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
wkfOpeAdmorCode : String
ワークフロー運用管理者コード
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、過去案件情報件数(Number)が設定されます。
WorkflowResultInfo getArcMatterList (ListSearchCondition cond, String wkfOpeAdmorCode)
管理者が参照できる過去案件一覧を取得します。

検索条件を設定する為の引数である「cond 検索条件」の設定は必須です。
検索条件による絞り込みを行わない場合でも、オブジェクトを作成して設定する必要があります。

「wkfOpeAdmorCode ワークフロー運用管理者コード」の設定は必須ではありませんが、設定によって動作が異なります。
運用管理者コードを設定していない( null もしくはブランクを指定した)場合には、ワークフローシステム管理者として参照できる全案件の一覧を全て取得します。
この場合、検索結果の「ArcMatterRefInfo」の「操作レベル handleLevel」には、「操作可」が設定されます。
運用管理者コードを設定した場合には、そのユーザが持っている権限をもとに運用管理者権限があるかをチェックし、運用管理者として参照権限がある案件の一覧を全て取得します。
この場合、検索結果の「ArcMatterRefInfo」の「操作レベル handleLevel」には、管理グループ定義で対象案件のフローに設定した操作レベルが設定されます。
同一のフローに対し複数の管理グループが異なる操作レベルを設定している場合、「操作可」設定がひとつでも存在すれば「操作可」として扱います。
なお、操作レベルとして想定していない値(「参照可」もしくは「操作可」以外)が登録されている場合、当メソッドでは「操作可」として扱います。

検索結果が存在しない場合にはサイズ0の空オブジェクトを返却します。
また、コンストラクタで指定した「archiveMonth アーカイブ年月(yyyyMM)」に対して、過去案件テーブルが存在しない場合もサイズ0の空オブジェクトを返却します。

検索結果である「過去案件情報(参照用)」に設定される案件情報は、「imw_ayyyymm_matter」、「imw_ayyyymm_matter_local」、「imw_ayyyymm_matter_task」から取得します。
テーブル名に含まれる「yyyymm」は、コンストラクタで指定する「archiveMonth アーカイブ年月(yyyyMM)」に相当します。

運用管理者コードを設定した時にユーザの権限と突き合わせるテーブルは、マスタ系の管理グループ定義関連テーブルである「imw_m_administration_plugin」と「imw_m_administration_target」です。

検索条件やソート条件は、本オブジェクトに定義されている定数値を設定できます。
このとき、返却オブジェクトに指定されていないフィールドでのソートはできないため注意してください。
ユーザデータ案件プロパティを取得する条件設定をした場合、値の取得対象テーブルは「imw_ayyyymm_matter_user_data」になります。
詳しい使用方法は「ListSearchCondition」を参照してください。

パラメータ
cond : ListSearchCondition
検索条件オブジェクト
wkfOpeAdmorCode : String
ワークフロー運用管理者コード
返却値
WorkflowResultInfo
WorkflowResultInfo 処理結果を返却します。
WorkflowResultInfo のdata属性には、過去案件情報オブジェクトの配列が設定されます。