intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

4.1.13. 処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ削除

4.1.13.1. ジョブ概要

処理対象者標準プラグインの結果キャッシュ情報を全て削除します。
標準プラグイン結果キャッシュではIM共通マスタの情報がキャッシュされています。
IM共通マスタの情報を変更した等の理由でキャッシュ情報を任意のタイミングで削除したい場合に、本ジョブを実行します。

4.1.13.2. 実行パラメータ

  • ジョブに指定するパラメータリストです。

    キー 名前 必須 デフォルト値
    cacheClearScope tenant キャッシュ削除範囲   tenant


  • cacheClearScope(キャッシュ削除範囲)
    処理対象者標準プラグイン結果キャッシュを削除する範囲を指定します。
    パラメータの指定がない場合は、ジョブ実行時のテナントのキャッシュ情報を削除します。
    テナント環境セットアップ直後は "tenant"が指定されています。
    設定値 説明
    tenant ジョブ実行時のテナントのキャッシュ情報を削除します。
    system すべてのテナントのキャッシュ情報を削除します。

4.1.13.3. ジョブネット

  • このジョブが使用するジョブネットです。

    処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ削除