intra-mart Accel Kaiden! 経費旅費 / 管理者操作ガイド 第12版 2019-09-30

6.8.3. Kaiden!から「J’sNAVI Jr.」を使用して出張手配する方法

本項では、Kaiden!から「J’sNAVI Jr.」にログインして出張手配する方法を説明します。
「J’sNAVI Jr.」と連携するには、以下の手順が必要です。
  • 設定ファイルの作成
  • 出張手配関連マスタの設定
  • ガジェットのインポート
  • コンテンツ定義の作成
  • ルート定義の作成
  • フロー定義の作成

6.8.3.1. 「J’sNAVI Jr.」との連携手順

6.8.3.1.1. 設定ファイルの作成

intra-mart Accel Kaiden! セットアップガイド』-「intra-mart Accel Kaiden!の設定ファイル」-「intra-mart Accel Kaiden! 基盤モジュール 」-
「J’sNAVI Jr.設定(出張手配、法人カードデータ連携)」を参照して設定してください。

6.8.3.1.2. 出張手配関連マスタの設定

「J’sNAVI Jr.」と出張手配のデータを連携する場合、以下のマスタの設定が必要です。
マスタ 概要
J’sNAVI Jr.契約マスタ 「J’sNAVI Jr.」の契約情報を管理します。
J’sNAVI Jr.契約・会社マッピングマスタ 「J’sNAVI Jr.」の契約情報と会社を紐付けます。
出張手配ユーザマッピングマスタ 「J’sNAVI Jr.」のユーザとKaiden!を紐付けます。

6.8.3.1.3. ガジェットのインポート

「J’sNAVI Jr.」と出張手配のデータを連携する場合、以下のガジェットのインポートが必要です。
ガジェットの定義ファイルは「%システムストレージ%/kaiden/generic/gadget」に格納しています。
intra-mart Accel Kaiden! GadgetBuilder設定ガイド』-「基本」-「設定の流れ」-「動作確認」-「GadgetBuilder定義インポート」を参照して
実施してください。
ファイル名 ガジェット名 必須
businessTripArrangement_v01.xml 出張手配
expenseInfo_v05.xml 出張(旅費)情報(概算費用あり, 連携)  

コラム

「J’sNAVI Jr.」の海外手配をKaiden!の事前申請と紐付ける場合、「expenseInfo_v05.xml」をコピーして
コピーしたファイルの「businessName」のvalueを「J0」から「F0」に変更してください。
コピーしたファイルのファイル名は「expenseInfo_c05.xml」にすることを推奨します。
また、コピーしたファイル名に合わせて「ガジェットクラス」、「ガジェットバリエーション」を変更してください。
「expenseInfo_v05.xml」を「expenseInfo_c05.xml」に変更した場合、「ガジェットバリエーション」を「v05」から「c05」に変更します。
詳細は『intra-mart Accel Kaiden! GadgetBuilder設定ガイド』-「基本」-「GadgetBuilder定義」を参照してください。
「J0」を設定した場合、国内手配モードで「J’sNAVI Jr.」にログインします。
「F0」を設定した場合、海外手配モードで「J’sNAVI Jr.」にログインします。

6.8.3.1.4. コンテンツ定義の作成

コンテンツ定義を作成する際の注意点を説明します。
コンテンツ定義の作成方法は、 コンテンツ定義 を参照してください。
コンテンツ定義を作成後、 ルート定義フロー定義 を作成してください。
  1. 「J’sNAVI Jr.」の出張手配とKaiden!の事前申請を紐付ける場合、
    コンテンツ定義作成時、利用ガジェット設定で、「出張(旅費)情報(概算費用あり, 連携)」と「出張手配」を選択してください。
    ../../../_images/reservation_01.png
  2. 「J’sNAVI Jr.」の出張手配とKaiden!の事前申請を紐付けない場合、
    コンテンツ定義作成時、利用ガジェット設定で、「出張手配」を選択してください。
    ../../../_images/reservation_02.png