intra-martとは?

システム共通基盤が、企業競争力を変える。
これまで、企業におけるIT 投資は社内業務の効率化や省力化に主眼が置かれたものでした。それが一巡した今 日、IT投資の狙いは「企業の競争力を高めるための活用」や「ビジネスへの直接的な貢献」へと移行しています。
企業を取り巻くステークホルダー、とくに最終接点である取引先や顧客とより密接なコミュニケーションを図り、新たな商機をつくる。いま、ITは新しいビジネスモデルを創出するためには欠かせない「道具」として捉えられています。しかし一方で、ビジネスのスピードにI Tがついていけないケースも多く、システムの成長を自社の成長につなぐことができる「システム共通基盤」が注目されているのです。

ビジネス革新を支えるシステム共通基盤「intra-mart 」
intra-martは、柔軟性のある開発環境や拡張性といったOpen性と、素早い開発や高い投資効率につながるEasyさを備えています。
Open&Easy

さまざまな環境に柔軟に対応する「intra-mart」

TOP