このエントリーをはてなブックマークに追加
メルマガ登録

技術者認定制度

intra-mart技術者認定制度のご案内

intra-mart技術者認定制度とは、intra-mart製品を利用した開発業務に必要なスキルを保持することを認定する資格制度です。
弊社では、研修サービス・技術者認定制度を通じて、お客様への高品質なサービスを提供できる技術者の育成を行っております。

intra-mart認定スペシャリスト:IMS(intra-mart Specialist)

intra-mart製品を利用したスクリプト開発における基本知識やテクニカルスキルを保持していることを認定する資格です。

intra-mart認定プロフェッショナル:IMP(intra-mart Professional)

intra-mart製品を利用したJavaEE開発における基本知識やテクニカルスキルを保持していることを認定する資格です。

資格取得までの流れ

1.研修のご受講
  • 試験出題対象となる研修をご受講ください。
    ※受験前提条件以外の研修は必須ではありません。

2.認定試験のお申込み
  • 【定期研修の日程はこちら】ボタンから日程をご確認の上、お申込みください。
    ※お申込みの際に、受験前提条件となる研修の受講者No(予約コード)が必要です。
  • 認定試験スケジュールは、開催予定月の2ヶ月前、最終週の公開を予定しております。
  • 原則として研修予約システムから24時間お申込いただけますが、特定のメンテナンス日や予期せぬ障害により、お申込いただけない場合がございます。

3.認定試験の受験
  • 受験票をお持ちの上、開始時間の5分前までに会場にお越し下さい。
    ※受験票は試験日の1週間前までにメールにてお送りいたします。
    ※現在、認定試験は東京会場(NTTデータイントラマート本社)のみでの開催です。
  • 試験は45分間です。

4.試験結果のお知らせ
  • 受験後1週間以内にメールにて合否をご連絡いたします。
    ※点数や誤答箇所などの詳細はお知らせしておりません。
    ※合格に要する正答ラインは約80%です。
  • 合格された方には、認定証と認定ロゴを発行いたします。

intra-mart認定試験対策講座(個別研修)

intra-martアプリケーション開発認定試験(IMSまたはIMP)合格を目的とした対策講座です。
試験出題対象の研修と合わせての開催も承ります。
個別研修のお問い合わせはこちら

TOP