intra-mart ワークフロー 特長

高機能、高柔軟性!intra-martのワークフロー
ワークフローのルートや画面、ルールなどのコンテンツを独立して管理できます。
日本式の稟議、合議、回覧、差戻し、承認者が動的に変わるフロー、「人」だけではなく組織や役職で権限を割り当てるフローといった、従来のワークフローではカスタマイズが必要となるフローも、intra-martなら簡単に実現します。
証跡の取得や権限分掌など、内部統制で必要とされる機能も充実しています。
自由自在に変更できる承認ルート
IM-Workflowの高度なユーザー機能例
差戻し 否決した申請を申請者または任意の承認者に戻す
代理申請承認 申請者・承認者が不在となる場合に、代理者が申請・承認を行う。
一括承認 承認者に依頼されている複数の申請に対して、一括で承認を行う
根回し 現在依頼承認中であることを他のユーザーにメールで知らせる
自動催促 承認期限がせまっている申請について処理(承認/否認)を促す通知(メール)を送信する
自動処理 承認期限となった、または承認期限を過ぎた申請について自動的に承認(否認/差戻し)し、次の承認者に申請を送信する
承認案件振替 自分宛の承認案件を指定したユーザーに振り分ける→組織変更時の案件引継ぎとして利用可能
承認者の設定 承認ルート上の承認者は、個人だけでなく組織や役職でも指定可能→人事異動、組織改変に強い構造のルート設定が可能
案件操作 案件操作ユーザーは、案件の処理を進め(後退させ)たり、案件を終了させたり、保留を解除する等の操作が可能
確認 案件の内容を確認し、履歴とコメントを残す
連続承認 承認者に依頼されている複数の申請に対して、1件ずつ内容を確認しながら承認/否認を連続で行う
動的承認設定 申請・承認の途中で動的に承認者を設定する。追加や削除、差し替えも可能
印影作成追加 ユーザーが印影を作成し、申請・承認時にフローに押印を追加できる

他システム連携
intra-martのワークフローは、SOA型ワークフローです。 各種オープンソースソフトウェア(OSS)を組み込んだ基盤のため、他システムと容易に繋がる仕組みを持っています。単体での利用はもちろん、ワークフローエンジンとしても利用いただけます。 また、既存システム等の外部システムの画面から内容を引き継いでワークフローと連携させたり、ERP等へのデータ入力前にワークフローで統制を効かせたデータを投入したりすることもできます。

簡易画面開発
ワークフローの申請帳票やweb画面フォームを、ブラウザ上の簡単な操作のみで作成できるツールをご準備しています。(IM-FormaDesigner
この画面作成ツールも多言語対応していますので、ワークフローとの連携によって海外とつなぐフロー画面も作成できます。
Web上で簡単に画面を作成
標準で多言語に対応

モバイル・グローバル対応
intra-martのモバイル活用に有効なワークフローの閲覧や承認機能などを、新たな開発をすることなく利用できます。
PC端末と同様に、モバイル端末のOSやバージョンの違いを吸収したり、セキュリティ上端末に何も入れないというポリシーを継承したり、ブラウザによる動作を基本としています。
日本語・英語・中国語(簡体字)に対応。
タイムゾーンにも対応しているので、利用ユーザ毎に合わせて日時を設定できます。

オートデモ動画
intra-martのワークフローを使ったオートデモ(動画)がご覧になれます。
(1)ワークフロー申請画面を作る
拡大して再生
(2)ワークフローのルート等を設定する
拡大して再生
(3)ワークフローを申請・承認する
拡大して再生
(4)ワークフローデータを活用する
拡大して再生

TOP