IM-BIS for Accel Platform 業務管理者 操作ガイド 第16版 2019-04-01

7.5. 画面を再利用する

作成済みの IM-FormaDesigner のアプリケーションの画面や、BIS定義の画面は、新規に作成した画面にコピーすることができます。
ここでは、作成済みのBIS定義の画面から新しいBIS定義の画面にコピーして作成する方法として、画面の再利用の機能について、手順に沿って説明します。

7.5.1. 画面の再利用とは

IM-FormaDesigner のアプリケーション、 IM-BIS のフローの画面を、別のフローの画面の作成時にコピーできる機能です。
異なるフロー、アプリケーションの画面から新しい画面を作成することができます。

コラム

フォームの再利用は、 IM-FormaDesigner の機能ですが、 IM-BIS の「フォーム・デザイナ」画面からの呼び出し時と、一部の項目の表示が異なります。

7.5.2. 異なる IM-BIS のフローから画面の再利用を使う

異なる IM-BIS のフローから画面の再利用を利用して、コピーを行う手順は以下の通りです。
  1. 新たにフォームを作成する「IM-BIS - フロー編集」画面を開きます。

    ../../_images/form_reuse_1_1.png
  2. 対象のノード(タスク)をダブルクリックし、「フォーム・デザイナ」画面を表示します。

    ../../_images/form_reuse_1_2.png
  3. 「再利用」をクリックします。

    ../../_images/form_reuse_1_3.png
  4. 「フォーム検索」画面で「アプリケーション名」にコピー元としたいフロー名を入力して、「検索」をクリックします。

    ../../_images/form_reuse_1_4.png
  5. 対象のフォームの「選択」をクリックして、画面上に配置します。

    ../../_images/form_reuse_1_5.png

以上で、画面をコピーすることができました。

注意

画面の再利用を使う場合、再利用の実行前に編集中の画面の設定を破棄した上でコピーを行います。
コピー元の内容を変更する場合には、再利用の実行後に行うか、「アイテムコピー」で画面アイテム単位にコピーを行うようにしてください。

7.5.3. IM-FormaDesigner のアプリケーションから画面の再利用を使う

異なる IM-FormaDesigner のアプリケーションから画面の再利用でコピーを行う手順は以下の通りです。
  1. 新たに画面を作成する「IM-BIS - フロー編集」画面を開きます。

    ../../_images/form_reuse_2_1.png
  2. 対象のノード(タスク)をダブルクリックし、「フォーム・デザイナ」画面を表示します。

    ../../_images/form_reuse_2_2.png
  3. 「再利用」をクリックします。

    ../../_images/form_reuse_2_3.png
  4. 「フォーム検索」画面で「アプリケーション名」にコピー元の IM-FormaDesigner のアプリケーション名を入力して、「検索」をクリックします。

    ../../_images/form_reuse_2_4.png
  5. 対象のフォームの「選択」をクリックして、画面上に配置します。

    ../../_images/form_reuse_2_5.png

以上で、画面をコピーすることができました。