IM-BIS for Accel Platform 業務管理者 操作ガイド 第16版 2019-04-01

7.10. アクションを設定する

IM-BIS で「アクション設定」を利用するためには、アクション設定から画面アイテムとイベントタイプの組み合わせ単位の各種設定を行う必要があります。

7.10.1. イベント設定とは

アクション設定をクリックした後に表示される「イベント設定」では、イベント発生のトリガとなる画面アイテムとイベントタイプ(操作)の組み合わせを選択します。
イベント設定で設定できるイベントには、次の種類があります。
  • 通常イベント

    画面に配置した画面アイテムと任意のイベントタイプを組み合わせて、自由にアクションを設定することができます。
  • 特殊イベント

    画面アイテム「一覧選択」など、一部の画面アイテムの種類でのみ設定できるイベントです。
    このイベントの場合、トリガとなる画面アイテムとイベントタイプの組み合わせは固定です。
    設定できるアクションは「外部連携」に限定されます。

7.10.2. アクション設定とは

イベント設定で設定した画面アイテムとイベントタイプの組み合わせ単位に、その組み合わせに基づくアクションを複数設定することができます。
アクションの動作については、「条件」を設定することにより、動作条件を指定することができます。
../../_images/action_overview.png

7.10.3. アクション設定のパターン

アクション設定では、以下のパターンのアクションを設定することができます。
  • 外部連携

    データソース定義と連携して、テナントDBクエリや各種Webサービスなどと連携した処理を実行できます。
  • 入力モード変換

    特定の画面アイテムに対して、入力できる・入力できないといった設定を動的に変更することができます。
  • 表示モード変換

    特定の画面アイテムに対して、表示する・表示しないといった設定を動的に変更することができます。
  • カスタムスクリプト

    任意のスクリプトに基づいて、さまざまな処理を実行することができます。

7.10.4. アクション設定の条件

アクション設定では、アクションが動作するための条件を設定することができます。
アクション設定画面については、「 IM-BIS 仕様書 」 - 「条件設定画面の機能と各部の説明」を参照してください。
画面アイテム「 関数 」と同様の設定方法で、動作する条件を設定できます。

7.10.5. 画面のアイテムと各種アクションの実行を関連付ける方法

画面上のアイテムとアクションを設定するためには、以下の手順で設定します。
外部連携については、 外部連携を設定する を参照してください。
  • 入力モード変換を設定する場合

    ../../_images/procedure_1.png
  • 表示モード変換を設定する場合

    ../../_images/procedure_2.png
  • カスタムスクリプトを設定する場合

    ../../_images/procedure_3.png

コラム

各機能の詳細については、「 IM-BIS 仕様書 」も参照してください。