IM-BIS for Accel Platform 業務管理者 操作ガイド 第16版 2019-04-01

7.6. テンプレートを利用する

テンプレート機能により、 IM-BIS で作成した画面をテンプレート(画面部品)として利用することができます。

7.6.1. テンプレート機能とは

IM-BIS や IM-FormaDesigner で作成し画面を「テンプレート」として登録・利用することができる機能です。
「画面の再利用」と異なり、複数の画面をテンプレートとして、1つの画面上に配置することができます。

コラム

IM-BIS が導入された環境でのみ、 IM-FormaDesigner のアプリケーションの画面をテンプレートにすることができます。

7.6.2. テンプレートを登録する

7.6.2.1. IM-FormaDesigner で作成したアプリケーションの画面をテンプレートに登録する

作成した画面をテンプレートとして登録するためには、以下の手順で行います。
  1. 「サイトマップ」→「IM-BIS」→「業務管理者」→「テンプレートカテゴリ定義」→「テンプレート設定」の順にクリックします。

  2. 「テンプレート設定」画面を表示します。

    ../../_images/proc_1_1.png
  3. 左のアプリケーションからテンプレートに登録したい画面を含むアプリケーションのフォルダを開きます。

    ../../_images/proc_1_2.png
  4. テンプレートに登録したい画面のバージョンのフォルダを開きます。

    ../../_images/proc_1_3.png
  5. テンプレートの登録対象となる画面を選択します。

    ../../_images/proc_1_4.png
  6. 選択した画面をドラッグ&ドロップで、右の「テンプレートカテゴリ」の対象のカテゴリの配下に配置します。

    ../../_images/proc_1_5.png

    コラム

    配置できる場所の場合には、画面名の左に check_icon アイコンが表示されます。

  7. グローバルテンプレートに設定するかどうかの確認メッセージで、「決定」をクリックします。

    ../../_images/proc_1_6.png
  8. 以上で、画面をテンプレートとして登録することができました。

    ../../_images/proc_1_7.png

コラム

「グローバルテンプレート」は、 IM-BIS でフローを作成できるユーザ全体で利用できるテンプレートです。
通常の「テンプレート」として登録した場合には、画面が設定されているフロー、アプリケーションを編集するための権限を持っているユーザのみが利用できます。

コラム

テンプレートとして表示される名称は、元のフォーム名+アプリケーション履歴番号で設定されますので、変更したい場合はフォーム名を変更してください。

7.6.2.2. IM-BIS で作成したアプリケーションの画面をテンプレートに登録する

作成した画面をテンプレートとして登録するためには、以下の手順で行います。
  1. 「サイトマップ」→「IM-BIS」→「業務管理者」→「テンプレートカテゴリ定義」→「テンプレート設定」の順にクリックします。

  2. 「テンプレート設定」画面を表示します。

    ../../_images/proc_2_1.png
  3. 左のアプリケーションフォームからテンプレートに登録したい画面を含むフローのフォルダを開きます。

    ../../_images/proc_2_2.png
  4. テンプレートに登録したい画面のバージョンのフォルダを開きます。

    ../../_images/proc_2_3.png
  5. テンプレートの登録対象となる画面を選択します。

    ../../_images/proc_2_4.png
  6. 選択した画面をドラッグ&ドロップで、右の「テンプレートカテゴリ」の対象のカテゴリの配下に配置します。

    ../../_images/proc_2_5.png

    コラム

    配置できる場所の場合には、画面名の左に check_icon アイコンが表示されます。

  7. グローバルテンプレートに設定するかどうかの確認メッセージで、「決定」をクリックします。

    ../../_images/proc_2_6.png
  8. 以上で、作成済みの画面をテンプレートとして登録することができました。

    ../../_images/proc_2_7.png

7.6.3. テンプレートを削除する

画面のテンプレート設定を解除するためには、以下の手順で行います。
  1. 「サイトマップ」→「IM-BIS」→「業務管理者」→「テンプレートカテゴリ定義」→「テンプレート設定」の順にクリックします。

  2. 右の「テンプレートカテゴリ」で解除したいテンプレートを選択します。

    ../../_images/proc_3_19.png
  3. trash をクリックします。

    ../../_images/proc_3_21.png
  4. テンプレートを削除するには「決定」をクリックします。

    ../../_images/proc_3_31.png
  5. 以上で、テンプレートを削除することができました。

    ../../_images/proc_3_41.png

7.6.4. テンプレートのグローバルテンプレート設定を設定する

テンプレートのグローバルテンプレート設定を設定するためには、以下の手順で行います。
  1. 「サイトマップ」→「IM-BIS」→「業務管理者」→「テンプレートカテゴリ定義」→「テンプレート設定」の順にクリックします。

  2. 「テンプレートカテゴリ」で設定を変更したいテンプレートで右クリックします。

    ../../_images/proc_4_15.png
  3. 「グローバル設定」をクリックします。

    ../../_images/proc_4_21.png
  4. 以上で、テンプレートのグローバルテンプレート設定が設定できました。

    ../../_images/proc_4_31.png

7.6.5. テンプレートのグローバルテンプレート設定を解除する

テンプレートのグローバルテンプレート設定を解除するためには、以下の手順で行います。
  1. 「サイトマップ」→「IM-BIS」→「業務管理者」→「テンプレートカテゴリ定義」→「テンプレート設定」の順にクリックします。

  2. 「テンプレートカテゴリ」で設定を変更したいテンプレートで右クリックします。

    ../../_images/proc_5_110.png
  3. 「グローバル設定解除」をクリックします。

    ../../_images/proc_5_23.png
  4. 以上で、テンプレートのグローバルテンプレート設定が解除できました。

    ../../_images/proc_5_31.png

7.6.6. テンプレートカテゴリを登録する

テンプレートカテゴリを利用してテンプレートを管理するためには、以下の手順で行います。
  1. 「サイトマップ」→「IM-BIS」→「業務管理者」→「テンプレートカテゴリ定義」→「テンプレート設定」の順にクリックします。

  2. 「テンプレートカテゴリ」で add_c をクリックします。

    ../../_images/proc_6_1.png
  3. 「カテゴリ名」を入力し、「新規作成」をクリックします。

    ../../_images/proc_6_2.png
  4. 以上で、テンプレートカテゴリが登録できました。

    ../../_images/proc_6_3.png

    コラム

    登録したテンプレートカテゴリの名称は、「テンプレートカテゴリ」でカテゴリ名をダブルクリックすることで変更できます。

7.6.7. テンプレートカテゴリを削除する

テンプレートカテゴリを削除するためには、以下の手順で行います。
  1. 「サイトマップ」→「IM-BIS」→「業務管理者」→「テンプレートカテゴリ定義」→「テンプレート設定」の順にクリックします。

  2. 「テンプレートカテゴリ」で削除するカテゴリを選択し、 trash をクリックします。

    ../../_images/proc_7_1.png
  3. カテゴリとカテゴリに含まれるテンプレートを削除するには「決定」をクリックします。

    ../../_images/proc_7_2.png
  4. 以上で、テンプレートカテゴリが削除できました。

    ../../_images/proc_7_3.png

7.6.8. 登録したテンプレートを利用する

テンプレートを利用するためには、以下の手順で行います。
  1. 「IM-BIS - フロー編集」画面から「フォーム・デザイナ」画面を表示します。

    ../../_images/proc_8_1.png
  2. 「テンプレート」をクリックします。

    ../../_images/proc_8_2.png
  3. 画面に配置したいテンプレートの「テンプレートカテゴリ」をクリックします。

    ../../_images/proc_8_3.png
  4. テンプレートをドラッグして画面上に配置します。

    ../../_images/proc_8_4.png

    コラム

    テンプレートの左のアイコンをクリックすると、対象のテンプレートのプレビュー画面が表示されます。

    コラム

    「アイテムのIDを振り直す」のチェックをオンにした場合には、「フィールド識別ID」や「テーブル識別ID」を新たに設定しますので、元のテンプレートと異なる値です。

  5. 以上で、テンプレートを画面上に配置することができました。

    ../../_images/proc_8_5.png