intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.11.4. 差戻しの処理ルール

  • 一旦確認可能状態となった確認ノードより前にされた後でも、確認対象者は確認できます。

差戻し後も確認できる

../../../../_images/detail_guide_11_figure_5.png
  • 差戻し後に別の分岐に遷移した場合でも、前回遷移した分岐の確認ノードの確認対象者は確認ができます。

差戻し後の履歴参照1

../../../../_images/detail_guide_11_figure_6.png

差戻し後の履歴参照2

../../../../_images/detail_guide_11_figure_7.png