概要

Accel Platformで提供する基盤機能のAPI一覧を提供します。

オブジェクト一覧

グローバル関数
GlobalFunction グローバル関数。
標準
Archiver ファイルを圧縮/解凍するためのオブジェクトです。
BigDecimal 変更が不可能な、任意精度の符号付き10進数です。BigDecimal は、任意精度のスケールなしの整数値と、32ビット整数のスケールで構成されます。
BigInteger 変更が不可能な、任意精度の整数です。すべての演算は、BigInteger が(Javaのプリミティブ整数型のような) 2値補数表記法で表されたかのように動作します。
CSVParser CSV解析オブジェクト。
Client セッション情報を取得するオブジェクト。
Constant 定数値管理オブジェクト。
Content コンテンツクラス。
ContextStatus アクセスコンテキスト状態取得API。
Contexts アクセスコンテキスト取得API。
Cookie クッキーオブジェクト。
DOMAttribute ノードの属性オブジェクト。
DOMDocument XML 文書全体を表す DOM Document オブジェクト。
DOMDocumentType ドキュメントタイプオブジェクト。
DOMEntity エンティティオブジェクト。
DOMNode DOM ツリーのノードオブジェクトです。
DOMNotation ノーテーションオブジェクト。
DateTime タイムゾーンを考慮した日時を扱うためのクラスです。
Debug デバッグ情報を表示するオブジェクト。
DetailedResultObject 詳細なエラー情報が格納可能な処理結果クラスを提供します.
Drawer 画像描画オブジェクト。
File ファイル操作オブジェクト。
Format 文字列変換オブジェクト。
HTTPResponse HTTPレスポンスオブジェクト。
Identifier ユニークなIDを自動生成するオブジェクト。
ImAjaxUtil CSJSライブラリ「ImAjax」で通信を行う際に有用なサーバサイドのユーティリティオブジェクトです。
ImJson JSON 関連のライブラリです。
Imart IMARTタグ管理オブジェクト。
InnerText IMARTタグ引数情報オブジェクト。
LicenseRegister ライセンスキーの登録・削除やインストールされているアプリケーション情報の取得を行うオブジェクトです。
Lifecycle アクセスコンテキストのライフサイクルを管理するAPIです。
Logger ログ出力用オブジェクト。
LoggerMDC ログ出力用のMDCオブジェクト。
LogicFlowExecutor IM-LogicDesigner で作成したフローを実行します。
MathContext 数値演算子 (BigDecimal クラスによって実装されるものなど) の特定のルールを記述するコンテキスト設定をカプセル化する不変オブジェクト。
MessageManager メッセージを取得するためのAPIです。
NewLock アプリケーション・ロック管理オブジェクト。
Permanent 永続情報操作オブジェクト。
Procedure プロシージャクラス。
Request リクエストオブジェクト。
RequestParameter リクエストパラメータ情報オブジェクト。
ResultObject 汎用的な処理結果クラスを提供します.
RoundingMode 精度を破棄できる数値演算に対する丸め動作を指定します。各丸めモードは、丸められた結果の返された最下位の桁の計算方法を指定します。
SecureTokenManager SecureTokenを管理するクラスです。
StringUtil 文字列ユーティリティオブジェクト。
TimeZone タイムゾーン情報を扱うクラスです。
URL URL操作クラス。
Unicode Unicodeクラス。
Web Webクラス。
XMLDocument XMLを解析するパーサーオブジェクト。
XMLParser XMLを解析するパーサーオブジェクト。
データベース
DatabaseUtil データベース周りの情報を取得するためのユーティリティオブジェクトです
DbParameter SQLパラメータオブジェクト。
SharedDatabase 外部システムとの連携用のデータベースにアクセスするためのクラスです。
SharedDatabaseMapping シェアードデータベース設定情報操作オブジェクトです。
TenantDatabase テナント用のデータベースにアクセスするためのクラスです。
TenantDatabaseMapping テナントデータベース設定情報操作用オブジェクトです。
Transaction スクリプト開発からトランザクションを制御するためのクラスです。
トランザクションはスレッド単位であるため、スレッド毎に情報を持つ必要があることに注意してください。
ストレージ
ByteReader ByteReader にアクセスするためのクラスです。
ByteWriter ByteWriter にアクセスするためのクラスです。
PublicStorage PublicStorage にアクセスするためのクラスです。
SessionScopeStorage SessionScopeStorage にアクセスするためのクラスです。
SystemStorage SystemStorage にアクセスするためのクラスです。
TextReader TextReader にアクセスするためのクラスです。
TextWriter TextWriter にアクセスするためのクラスです。
プラグイン
PluginDescriptor プラグイン定義情報オブジェクト。
PluginManager プラグインマネージャーオブジェクト。
UI
ThemeManager テーマを管理します。
Transfer メッセージ表示画面へ遷移する関数を提供します。 メッセージ表示画面に表示できるのは、
UIRichTextBox UIRichtextbox を操作する関数を提供するクラスです。
マルチデバイス
ClientTypeResolver クライアントタイプの判別を行うAPIです。
ClientTypeSwitcher クライアントタイプの切り替えを行うAPIです。
SystemClientType システムで利用可能なクライアントタイプ情報を扱うAPIです。
メール
MailSender メールを送信するオブジェクトです。
MailTemplate メールテンプレートオブジェクト。
TemplateAddressInfo メールテンプレートのアドレス情報オブジェクト。
TemplateBodyInfo メールテンプレートのメール本文情報オブジェクト。
TemplateHeaderInfo メールテンプレートのヘッダ情報オブジェクト。
TemplateInfo メールテンプレート情報オブジェクト。
ジョブスケジューラ
BusinessDayTrigger 営業日指定トリガ情報オブジェクト。
DatetimeTrigger 日時指定トリガ情報オブジェクト。
Filter フィルタオブジェクト。
JobCategory ジョブカテゴリオブジェクト。
JobDetail ジョブ詳細情報オブジェクト。
JobSchedulerContext ジョブスケジューラコンテキストオブジェクト。
JobSchedulerManager ジョブスケジューラマネージャオブジェクト。
Jobnet ジョブネット情報オブジェクト。
JobnetCategory ジョブネットカテゴリオブジェクト。
Monitor モニタ情報オブジェクト。
MonitorTask タスク情報オブジェクト。
PluralJobnetFilter フィルタオブジェクト。
RepeatTrigger 繰り返し指定トリガ情報オブジェクト。
ScheduleTriggerMessage トリガー(スケジュール定義)のメッセージを扱うオブジェクトです。
Trigger トリガ情報オブジェクト。
キャッシュ
Cache スクリプト開発モデル用のCache機構を提供します。
非同期処理
TaskEvent 非同期タスクに発生した各種イベント情報オブジェクトです。
TaskMessage タスクメッセージオブジェクトです。
WorkManager WorkManagerオブジェクト。
Webサービス
SOAPClient SOAPClient オブジェクト。
SOAPFault SOAPFault オブジェクト。
WSAuthDigestGenerator4WSSE WS-Security の UsernameToken 形式の認証用文字列 (以降、WSSE認証用文字列) を生成するユーティリティクラスです。
データベースインポート・エクスポート
DatabaseExport データベースの内容をファイルに出力します。
DatabaseImport エクスポートで出力したファイルをデータベースにインポートします。
TableSpecManager テーブル及びフィールドのDDLに含まれない拡張仕様を取得/設定します。
ViewCreator
VCTMConst ViewCreator・TableMaintenance共通の定数値を管理します。
マスカット
MKError マスカットへ送信するエラー要素です。
MKErrors マスカットへ送信するエラー要素群です。
StandardImmkError マスカットへ送信するエラー要素です。
StandardImmkErrors マスカットへ送信するエラー要素群です。
Moduleオブジェクト
Module.alert 警告画面オブジェクト。
Module.array 配列データを扱うためのオブジェクト。
Module.calendar 日本の元号を扱うオブジェクト。
Module.data JavaScript の各種データを扱うオブジェクト。
Module.date 日付データの日情報に対して指定増分を加算するオブジェクト。
Module.download データのダウンロード機能を提供するオブジェクト。
Module.ldap LDAPサーバにアクセスするオブジェクト。
Module.number 数値データを扱うメソッドを提供するオブジェクト。
Module.string 文字列データを扱うメソッドを提供するオブジェクト。
Procedureオブジェクト
Procedure.RealNumber 小数演算を可能にするオブジェクトです。
Procedure.age 年齢計算をするライブラリです。
Procedure.imode i-modeオブジェクト。
Procedure.upload ファイルアップロードオブジェクト。
ログインセッション
LoginSessionManager ログインセッション情報を扱うオブジェクトです。
SAML認証
SAMLSpService saml-profile-handler-config.xml に定義されているプロファイルIDからSAMLプロファイルを呼び出してSAML連携を実行します。
HTTPクライアント
HttpClient HTTPリクエストを扱うためのクラスです。
HttpClientCookie HTTPクライアントのクッキーを扱うためのクラスです。
HttpClientDataResult HTTPリクエスト送信後のデータ部分の結果を表すクラスです。
HttpClientHeader HTTPクライアントのヘッダーを表すクラスです。
HttpClientResult HTTPリクエスト送信後の結果を表すクラスです。
情報オブジェクト
AccountContext アカウントコンテキストオブジェクト。
ClientContext クライアントコンテキストオブジェクト。
ClientType クライアントタイプ情報です。
DatabaseMetaData JavaScript 版の DatabaseMetaData クラスです。
DatabaseResult データベースアクセス処理結果オブジェクト。
ExternalUserContext 外部ユーザコンテキストオブジェクト。
JDBCDriverInfo ドライバ設定情報オブジェクト
LoginSessionInfo ログインセッション情報オブジェクト。
ResultInfo 処理結果オブジェクト。
SAMLParameter SAMLパラメータオブジェクトです。
SAMLSpServiceRequestModel IdP遷移先情報オブジェクトです。