intra-mart Accel Platform 一般ユーザ操作ガイド 第16版 2019-08-01

多要素認証を行う

多要素認証とは、本人であると特定するために複数の要素をユーザに要求する認証です。
多要素認証を利用すると、ログイン時に通常のパスワードの他に、確認コードを入力することがユーザに求められます。
これにより、もしパスワードが盗まれてしまったとしてもアカウントが不正に利用されることを防げます。

ここでは、一般ユーザが多要素認証を利用する方法を紹介します。

確認コードを利用してログインする

  1. ログインする に従ってパスワードを入力して認証します。

  2. 「確認コード入力」画面が表示されます。

    ../../_images/apply_guide_9_2_1.png
  3. 認証アプリに表示されている確認コードを入力して「ログイン」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_2_2.png

    コラム

    「このブラウザでは次回から表示しない」を ON にしてログインすることで、一定期間そのブラウザが記憶されます。
    記憶されたブラウザを使ってログインする際は、パスワードの入力だけでログインできます。

    信頼済みブラウザ情報を削除する」で記憶されたブラウザの情報を削除できます。
  4. ログインできました。

    ../../_images/apply_guide_9_2_3.png

バックアップコードを利用してログインする

コラム

携帯端末を紛失してしまったり携帯端末が故障してしまったなどで確認コードの入力ができない場合に、事前に作成したバックアップコードを入力することでログインできます。
バックアップコードの作成方法は、「バックアップコードを作成する」を参照ください。

注意

バックアップコードは一つのコードにつき一度しか利用できません。
  1. ログインする に従ってパスワードを入力して認証します。

  2. 「確認コード入力」画面が表示されます。

    ../../_images/apply_guide_9_5_1.png
  3. 「認証アプリを利用できない方はコチラ」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_5_2.png
  4. バックアップコード入力ダイアログが表示されます。

    ../../_images/apply_guide_9_5_3.png
  5. バックアップコード入力して「ログイン」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_5_4.png
  6. ログインできました。

    ../../_images/apply_guide_9_5_5.png

多要素認証を有効化する

  1. 「サイトマップ」→「個人設定」→「多要素認証設定」の順にクリックします。

  2. 「多要素認証設定」画面が表示されます。

    ../../_images/apply_guide_9_1_1.png
  3. Step 1 のメッセージに従って、認証アプリを取得して「次へ」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_1_2.png
  4. Step 2 のメッセージに従って、認証アプリでバーコードをスキャンして「次へ」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_1_3.png
  5. Step 3 のメッセージに従って、確認コードを入力して「有効化」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_1_4.png
  6. 多要素認証を有効化できました。

    ../../_images/apply_guide_9_1_5.png

多要素認証を無効化する

注意

多要素認証を無効化すると、以下の情報が削除されます。
  1. 既に発行しているバックアップコード
  2. 信頼済みブラウザ情報
  1. 「サイトマップ」→「個人設定」→「多要素認証設定」の順にクリックします。

  2. 「多要素認証設定」画面が表示されます。

    ../../_images/apply_guide_9_3_1.png
  3. 「無効化」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_3_2.png
  4. 多要素認証を無効化できました。

    ../../_images/apply_guide_9_3_3.png

バックアップコードを作成する

注意

一度バックアップコードを発行すると、すべてのコードを使い終わるまで再作成できません。
バックアップコードはスクリーンショットを撮ったりメモに残したりして、必ず保存してください。

注意

バックアップコードはパスワードと同等の価値を持つ大切なコードです。
保存したスクリーンショットやメモは安全に保管しておくことをおすすめします。
  1. 「サイトマップ」→「個人設定」→「多要素認証設定」の順にクリックします。

  2. 「多要素認証設定」画面が表示されます。

    ../../_images/apply_guide_9_4_1.png
  3. 「作成」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_4_2.png
  4. 「決定」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_4_3.png
  5. バックアップコードが作成されました。

    ../../_images/apply_guide_9_4_4.png

信頼済みブラウザ情報を削除する

  1. 「サイトマップ」→「個人設定」→「多要素認証設定」の順にクリックします。

  2. 「多要素認証設定」画面が表示されます。

    ../../_images/apply_guide_9_6_1.png
  3. 「削除」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_6_2.png
  4. 「決定」をクリックします。

    ../../_images/apply_guide_9_6_3.png
  5. 信頼済みブラウザ情報が削除されました。

    ../../_images/apply_guide_9_6_4.png