intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

5.1.2.25. 申請者除外設定

申請者除外の使用可否を設定します。
設定一覧
論理名 物理名 設定内容
処理対象者プラグイン申請者除外設定 not-extend-applyuser-flag
処理対象者や確認対象者、参照者から申請者を除外するかを設定します。

処理対象者プラグインの組織やロールを設定した場合には、申請者のユーザを除外した状態で対象ユーザを展開します。
また、案件操作で処理対象者の再展開を行った場合や、振替を行った場合も、申請者を除外します。

false:除外しない(デフォルト)
true:除外する

コラム

例外として、以下の場合は申請者は除外されません。

  • 引戻しや差戻しなどを実行した結果、申請ノードが処理待ち状態となり、申請ノードの処理対象者が再展開される場合
  • 申請以外のノードで処理対象者プラグイン「申請者」を設定している場合