intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

5.1.2.27. 処理対象ユーザの所属情報取得方法設定

案件を申請する際に選択可能な所属組織情報を取得するAPI「ApplyManager#getAuthUserOrgz」の処理方式を指定します。
  • 「user-from-orgz」の場合は、ルート定義で設定した処理対象をユーザ単位に展開し、申請するユーザと比較することで所属情報を確定します。
    ユーザが多数の「組織、役職、パブリックグループ、役割、ロール」に所属する場合に推奨します。
  • 「orgz-from-user」の場合は、申請するユーザの所属情報を取得した後、ルート定義で設定した処理対象と比較することで所属情報を確定します。
    「組織、役職、パブリックグループ、役割、ロール」にそれぞれ多数のユーザが所属する場合に推奨します。
設定一覧
論理名 物理名 設定内容
処理対象ユーザの
所属情報取得方法設定
target-users-organization-retrieving-type
user-from-orgz:所属情報からユーザ情報を取得(初期値)
orgz-from-user:ユーザ情報から所属情報を取得