intra-mart Accel Platform セットアップガイド 第30版 2019-12-01

11.15.4.1. Web Application Server 起動後にログインができない(データベースに接続できない)場合

  • 接続するデータベース設定に誤りがある可能性があります。この場合の原因の確認方法を説明します。

11.15.4.1.1. Web Application Server 起動時のコンソール情報の確認

11.15.4.1.1.1. 2019 Summer(Waltz) 以前のバージョンの場合

Web Application Server 起動時に次のメッセージが出力されているかを確認します。
[WARN] c.c.s.w.WebApp - [] java.lang.RuntimeException: resource: iwp/platform/schema/exists_table.sql is not found.
java.lang.RuntimeException: resource: iwp/platform/schema/exists_table.sql is not found.
このメッセージが確認できた場合、データベース設定に誤りがあります。
より詳しい原因を確認するために下記に説明する「データベースログの設定」を変更します。

11.15.4.1.1.2. 2019 Winter(Xanadu) 以降のバージョンの場合

Web Application Server 起動時に次のメッセージが出力されているかを確認します。
[ERROR] j.c.i.s.s.PlatformServletContextListener - [] [E.IWP.DATABASE.00024] Failed to connect system database.
jp.co.intra_mart.system.servlet.listener.PlatformLifecycleException: [E.IWP.DATABASE.00024] Failed to connect system database.
このメッセージが確認できた場合、データベース設定に誤りがあります。
より詳しい原因を確認するためにコンソールに出力されているスタックトレースを確認してください。

11.15.4.1.2. データベースログの設定

Resin の場合、<%RESIN_HOME%/webapps> 配下のwarファイルと同名のディレクトリ /WEB-INF/conf/log/im_logger_database.xml
ファイルをエディタで開き、L.43行目を次のように変更します。
変更前 <level value=”off” />
変更後 <level value=”trace” />
編集後、 Web Application Server を再起動します。
この設定変更によりデータベース関連のトレース情報が有効となり、JDBCドライバからのログ情報がコンソール上で確認できます。

コラム

Resin 以外の Web Application Server の場合、各 Web Application Server の管理コーンソールにある、データソース設定画面より、接続確認を行います。

コラム

この場合における主な原因としては次が考えられます。
  • 接続先のデータベースのIPアドレス、ポート番号、データベースユーザ、パスワードの間違い
  • データベースユーザの権限不足(権限不足により接続ができない。テーブル作成ができない。)