intra-mart Accel Platform IM-Workflow プログラミングガイド 第20版 2018-04-01

2. はじめに

2.1. 目的

本書は、IM-Workflow で利用することが可能な画面およびモジュールを作成する方法について説明します。
本書は、IM-Workflow の機能を使用する方法を記述しています。
本書で使用するサンプルプログラムはあくまでも、IM-Workflow の機能およびAPI等の使用方法を理解することに主眼をおいています。
そのため、必ずしもベストなコーディング方法とはいえない方法もあえて取っている個所があります。
あくまでも、サンプルとしての位置付けでとらえるようにしてください。

2.2. 前提条件

本書に記述されているサンプルプログラムは、JavaEE開発モデルおよびスクリプト開発モデルで記述されています。
そのため、JavaEE開発モデルおよびスクリプト開発モデルに関する理解は必須です。
各開発モデルに関しては、付属する各種マニュアルおよびAPIリストを参照してください。
本書を理解するには、基本的な IM-Workflow に関する理解が必要です。付属する各種マニュアル、APIリスト、および制限事項を参照してください。
本書に記述されているサンプルプログラムのパスは、以下のディレクトリ配下のパスです。
< (展開したwar)/WEB-INF/ >

2.3. 準備

IM-Workflow のサンプルプログラムを実行するための準備をします。
intra-mart Accel Platform セットアップガイド 」を参考に、IM-Workflow が動作する環境を構築します。
製品のインストール後は、システム管理者でログインし、メニュー[テナント環境セットアップ]より、テナント環境セットアップを行い、 サンプルデータセットアップ も必ず行ってください。
本書に記述されているJavaEE開発モデルの[javaファイル]は、配置する場所を示します。
実際に配置されているファイルは、[classファイル]です。
JavaEE開発モデル[javaファイル]のサンプルプログラムについては、製品メディアに保存されています。
また、製品最新情報ダウンロードページ( Products Information Site )から入手することもできます。