IM-BIS for Accel Platform ユーザ 操作ガイド 第5版 2017-08-01

6.1. 申請/処理開始一覧

6.1.1. 「処理開始(BISフロー)」画面の機能と各部の説明

「 処理開始(BISフロー)」画面の内容は以下の通りです。

../../_images/application_1.png
  1. ワークフロー

    「申請(ワークフロー)」画面に切り替えます。

  2. 表示条件

    フローの表示条件を設定する画面を表示します。

  3. 最新情報

    表示している内容を最新の状態に更新します。

  4. 申請/開始基準日

    申請/処理を開始する基準日を選択します。
    指定した日付時点のフロー情報で処理を開始します。
  5. 申請/処理開始者

    申請/処理を開始するユーザを選択します。

  6. 申請/処理開始

    apply をクリックすると申請/処理を開始します。

  7. フロー名

    対象のフロー名を表示します。

  8. 備考

    対象のフローの備考(説明)を表示します。

  9. フロー

    対象のフロー画像を表示します。

6.1.2. 「申請(ワークフロー)」画面の機能と各部の説明

「申請(ワークフロー)」画面の内容は以下の通りです。

../../_images/application_2.png
  1. BISフロー

    「処理開始(BISフロー)」画面に切り替えます。

  2. 表示条件

    フロー定義の表示条件を設定する画面を表示します。

  3. 最新情報

    表示している内容を最新の状態に更新します。

  4. フロー

    選択している「申請/開始基準日」「申請/処理開始者」の条件で申請できるフローの一覧を表示します。

  5. 一時保存

    一時保存一覧に切り替えます。

  6. 申請/開始基準日

    申請/処理を開始する基準日を選択します。
    指定した日付時点のフロー情報で処理を開始します。
  7. 申請/処理開始者

    申請/処理を開始するユーザを選択します。

  8. 申請/処理開始

    apply をクリックすると申請/処理を開始します。

  9. フロー名

    対象のフロー名を表示します。

  10. 備考

    対象のフローの備考(説明)を表示します。

  11. フロー

    対象のフロー画像を表示します。

6.1.3. 一時保存一覧の機能と各部の説明

一時保存一覧では、申請をする前の申請内容を、一時的に保存した案件の一覧を表示します。
画面の内容は以下の通りです。
../../_images/application_3.png
  1. 申請/処理開始

    apply をクリックすると、一時保存した状態で「申請/処理開始」画面を表示します。

  2. フロー名

    対象のフロー名を表示します。

  3. 申請/開始基準日

    申請/処理開始基準日を表示します。

  4. 申請/処理開始者

    申請/処理開始者を表示します。

  5. 案件名

    一時保存時に設定した案件名を表示します。

  6. コメント

    一時保存時に設定したコメントを表示します。

  7. フロー

    対象のフローの画像を表示します。

  8. 削除

    一時保存中の案件を削除します。