IM-BIS for Accel Platform ユーザ 操作ガイド 第5版 2017-08-01

2. はじめに

2.1. 本書の目的

本書は IM-BIS for Accel Platform (以下 IM-BIS )でのフローの実行方法について説明したドキュメントです。

2.2. 対象読者

次の利用者を対象としています。
  • IM-BIS でBISフロー、ワークフローの利用者への機能、利用方法について、推進される方

    IM-BIS では、利用する機能に応じて、ユーザを以下のように分類しております。
    ユーザの役割に合わせて必要なドキュメントを参照してください。
      役割 説明
    bis_administrator
    IM-BIS システム管理者
    <本書の対象>
    • IM-BIS for Accel Platform で作成したフローに関する詳細設定を行います。
    • IM-Workflow 、 IM-FormaDesigner の機能、外部連携を利用するための設定を行います。
    bis_manager
    IM-BIS 業務管理者
    <本書の対象>
    • IM-BIS for Accel Platform でBISフロー、ワークフローの定義を行います。
    • 作成した IM-BIS で履歴やBAMの情報の収集の設定を行います。
    bis_user IM-BIS 利用者
    • IM-BIS で定義されたBISフロー、ワークフローを実行します。

2.3. 本書の構成

  • IM-BIS について

    IM-BIS の概要についてご理解いただけます。

  • 基本編

    IM-BIS でのBISフロー、ワークフローを実行する際の基本的な手順をご確認いただけます。

  • 応用編

    IM-BIS でのBAMや履歴などの高度な機能の利用方法についてご確認いただけます。

  • 付録

    IM-BIS でのフローの実行時などに利用する画面の使い方についてご確認いただけます。