intra-mart Accel Platform IM-Workflow 管理者操作ガイド 第20版 2019-08-01

3.5. ルール定義を登録・設定する

分岐開始ノード、分岐終了ノードで条件分岐の判断を行うルールを作成します。

3.5.1. ルール定義を設定する

  1. 「サイトマップ」→「ワークフロー」→「ワークフロー管理者」→「マスタ定義」→「ルール定義」をクリックします。

  2. 「新規作成」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_5_2.png

    コラム

    ルール定義の検索・表示
    ルール定義の一覧画面では、条件を指定してルール定義を検索し、該当するものだけを表示させることができます。
    画面上部の検索条件指定項目に、検索条件を入力します。
    1. 左のプルダウンから、検索対象としたいルール定義の項目を選択します。
    2. 右のテキストボックスに、検索したい文字列を入力します。
    3. [検索]ボタンを押下します。
    選択した検索対象に対して、入力した文字列が部分一致するルール定義のみを表示します。

    コラム

    ルール定義の編集・削除
    すでに登録されているルールの編集を行う場合は、編集したいルールの行の編集欄に表示されている image_common_34 を押下します。
    <ルール定義­編集>画面に遷移しますので、内容を編集後に[更新]ボタンを押下すると、更新が行われます。
    ルールの削除を行う場合も同様に操作し、遷移先の<ルール定義­編集>画面で、[削除]ボタンを押下します。
  3. ルール定義情報を入力します。

    • ルールID(必須)

      ルールを識別するIDです。自動採番されます。すでに使用されているものでなければ、任意で変更できます。
    • ルール名(必須)

      登録ルールの名称を入力します。
      システムで設定されている全ロケールに対して、入力します。
    • 備考

      ルールの説明等を入力できます。
      システムで設定されている全ロケールに対して、入力できます。
    • 真偽条件設定(ラジオボタン)

      設定した条件に対して、「すべての条件を満たすとき真」とするか、「いずれかの条件を満たすとき真」とするかを指定します。
    ルールを構成する条件
    • キー

      比較対象となる変数を指定します。案件プロパティに登録済で、使用種別「ルールの条件の変数として使用する」が許可されている案件プロパティのキー名がプルダウンで表示されます。
      [型]には、選択した変数の型が表示されます。
    • 比較

      比較の内容を指定します。
      • 「に次を含む」

        キー値と条件値が部分一致するとき
      • 「に次を含まない」

        キー値と条件値が部分一致しないとき
      • 「が次と一致する」

        キー値と条件値が完全一致するとき
      • 「が次と異なる」

        キー値と条件値が完全一致しないとき
      • 「が次で始まる」

        キー値の始まりが条件値と一致するとき
      • 「が次で終わる」

        キー値の終わりが条件値と一致するとき
      • 「が次より大きい」

        キー値>条件値
      • 「が次以上」

        キー値≧条件値
      • 「が次より小さい」

        キー値<条件値
      • 「が次以下」

        キー値≦条件値
      • 「が次のいずれかと一致する」

        条件値にカンマ区切りで入力した複数の文字列に対し、キー値がいずれかに一致するとき
    • 条件値

      比較対象の条件値を指定します。「固定」か「変数」を指定します。
      • 固定

        条件として固定値を指定します。テキストボックスに値を入力します。
      • 変数

        キーと同様に、比較対象となる変数を指定します。案件プロパティに登録済で、使用種別「ルールの条件の変数として使用する」が許可されている案件プロパティのキー名がプルダウンで表示されます。
        [型]には、選択した変数の型が表示されます。

    コラム

    • ひとつのルール定義に設定できる条件は、最大10個です。
    • 一度設定した条件を解除したい場合は、解除したい条件の解除欄に表示される image_common_39 を押下します。
  4. 「登録」をクリックします。

    ../../_images/basic_guide_5_3.png
  5. ルール定義を登録することができました。

    ../../_images/basic_guide_5_4.png

以上でルール定義の登録が完了しました。

コラム

ルール定義のコピー
作成したルール定義はコピーすることができます。
  1. <ルール定義­編集>画面で、画面上部に表示される <コピー>を押下すると、<ルール定義­新規作成>画面に遷移します。
    画面上には「ルールID」以外のコピー元の情報が、あらかじめ入力されています。
    「ルールID」は、自動採番されたものが入力されます。すでに使用されているものでなければ、任意で変更できます。
  2. [登録]ボタンを押下します。

コピー元のルール定義の、「ルールID」以外の情報が同一のルールが、新たに作成されます。

コラム

ルール定義の利用状況確認
編集中のルール定義が現在どのコンテンツ定義で利用されているかを確認することができます。
  • <ルール定義­編集>画面で、 image_common_35 <利用状況確認>を押下します。
  • <ルール定義­利用状況確認>画面がポップアップ表示されます。
ルールの基本情報と、現在このルールを利用しているコンテンツ定義が一覧表示されます。
../../_images/basic_guide_5_5.png