intra-mart Accel Platform TERASOLUNA Server Framework for Java (5.x) プログラミングガイド 第15版 2019-08-01

国際化

概要

intra-mart Accel Platform が国際化に対応する理由

システムの国際化とは、様々な言語や地域の人たちが自分たちに合った言語やタイムゾーンでシステムを利用できることを意味します。
グローバル化を進める企業では、様々な言語や地域の人たちが協力して仕事をすることになるため、企業が利用するシステムも国際化に対応している必要があります。

国際化対応の要素と理由

intra-mart Accel Platform は言語、タイムゾーン、日付と時刻の形式について国際化対応しています。
  • 多言語
慣れない言語で画面を表示すると、そもそも表示内容を把握できなかったり、作業効率が落ちたり、ミスが多くなるため、日常的に使用している言語で画面を表示できることが必要です。
  • タイムゾーン
ユーザは現地時間に合わせて考え、行動します。そのため、ユーザが参照する日時データは、ユーザのタイムゾーンにおける日時データであることが要求されます。
  • 日付と時刻の形式
日付と時刻の形式は文化圏や地域によって異なっており、ユーザの地域における形式であることが必要です。
地域に合った形式を提供しない場合、思わぬ誤解が生じる危険性があります。
例えば、「12/09/10」と表示された日付は、地域によって以下の意味になります。
地域 表示結果
日本 2012年9月10日
英国 2010年9月12日
米国 2010年12月9日