intra-mart Accel Collaboration 権限設定ファーストガイド 第3版 2017-08-01

3.3.1.2.1. 権限の動作(参加者単数)

ここでは、スケジュール認可における参加者が単数の場合の権限の動作を学びます。
例として以下のような操作を行いたいとします。
../../../../_images/authz_normal_1_1.png
[凡例]
Dev.A・・・組織A(組織Aに所属しているユーザをユーザAとします)
Dev.B・・・組織B(組織Bに所属しているユーザをユーザBとします)
Dev.C・・・組織C(組織Cに所属しているユーザをユーザCとします)
Dev.D・・・組織D(組織Dに所属しているユーザをユーザDとします)
Dev.E・・・組織E(組織Eに所属しているユーザをユーザEとします)
Register・・・登録を示します。
Refer・・・参照を示します。
[操作詳細]
組織Aに所属するユーザは組織Aに所属する別のユーザのスケジュールに対して参照は行えますが登録は行えません。
組織Aに所属するユーザと組織B、組織Cに所属するユーザは互いのスケジュールの参照および登録が行えます。
組織Aに所属するユーザと組織Dに所属するユーザは互いのスケジュールの参照は行えますが、登録は行えません。
組織Aに所属するユーザと組織Eに所属するユーザは互いのスケジュールの参照および登録は行えません。
上記操作を行うための認可設定は以下の通りです。
../../../../_images/authz_normal_1_2.png

コラム

スケジュール認可の設定方法に関しましては、「 intra-mart Accel Collaboration スケジュール 管理者操作ガイド 」-「 スケジュール認可を設定する 」を参照してください。
上記の設定のもとユーザAは以下のようなスケジュールを登録しようと考えています。
※カッコ内はユーザAが参加者に対してどのような操作が行えるかを記載しています。
  • スケジュールA・・・ユーザB(ユーザAがスケジュールの登録が行えるユーザ)
  • スケジュールB・・・ユーザD(ユーザAがスケジュールの参照は出来るが登録が行えないユーザ)
  • スケジュールC・・・ユーザE(ユーザAがスケジュールの参照および登録が行えないユーザ)
  • スケジュールD・・・ユーザA(ユーザA自身ではあるが権限としては参照は出来るが登録が行えないユーザ)
上記スケジュールをユーザAが「参照」、「登録」、「編集」ができるかは以下の通りです。
凡例
○・・・処理可能
×・・・処理不可
スケジュール 参照 登録 編集
スケジュールA
スケジュールB × ×
スケジュールC × × ×
スケジュールD
<スケジュールAの場合>
../../../../_images/authz_normal_1_3.png
[凡例]
Refer・・・スケジュールの参照を示します。
Register・・・スケジュールの登録を示します。
Edit・・・スケジュールの編集を示します。
  • 参照
    ユーザAはスケジュールAの参照が可能です。
    スケジュールAの全参加者(ユーザB)はユーザAが参照および登録が行えるユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの参照が可能です。

    「スケジュールに参照可能な参加者か施設が一つでも含まれている場合、スケジュールの参照が可能です。」

  • 登録
    ユーザAはスケジュールAの登録が可能です。
    スケジュールAの全参加者(ユーザB)はユーザAが参照および登録が行えるユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの登録が可能です。

    「スケジュールの全参加者および全施設が登録可能な場合、スケジュールの登録および編集が可能です。」

  • 編集
    ユーザAはスケジュールAの編集が可能です。
    スケジュールAの全参加者(ユーザB)はユーザAが参照および登録が行えるユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの編集が可能です。

    「スケジュールの全参加者および全施設が登録可能な場合、スケジュールの登録および編集が可能です。」

<スケジュールBの場合>
../../../../_images/authz_normal_1_4.png
[凡例]
Refer・・・スケジュールの参照を示します。
Register・・・スケジュールの登録を示します。
Edit・・・スケジュールの編集を示します。
  • 参照
    ユーザAはスケジュールBの参照が可能です。
    スケジュールBの全参加者(ユーザD)はユーザAが参照のみ行えるユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの参照が可能です。

    「スケジュールに参照可能な参加者か施設が一つでも含まれている場合、スケジュールの参照が可能です。」
  • 登録
    ユーザAはスケジュールBの登録は行えません。
    スケジュールBの全参加者(ユーザD)はユーザAが参照のみ行えるユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまらずスケジュールの登録は行えません。

    「スケジュールの全参加者および全施設が登録可能な場合、スケジュールの登録および編集が可能です。」
  • 編集
    ユーザAはスケジュールBの編集は行えません。
    スケジュールBの全参加者(ユーザD)はユーザAが参照のみ行えるユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまらずスケジュールの編集は行えません。

    「スケジュールの全参加者および全施設が登録可能な場合、スケジュールの登録および編集が可能です。」

コラム

ユーザAがスケジュールBを登録したのちに、上記の権限設定を行った場合、ユーザAはスケジュールBを編集することができます。
<スケジュールCの場合>
../../../../_images/authz_normal_1_5.png
[凡例]
Refer・・・スケジュールの参照を示します。
Register・・・スケジュールの登録を示します。
Edit・・・スケジュールの編集を示します。
  • 参照
    ユーザAはスケジュールCの参照は行えません。
    スケジュールCの全参加者(ユーザE)はユーザAが参照および登録が行えないユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまらず参照は行えません。

    「スケジュールに参照可能な参加者か施設が一つでも含まれている場合、スケジュールの参照が可能です。」

  • 登録
    ユーザAはスケジュールCの登録は行えません。
    スケジュールCの全参加者(ユーザE)はユーザAが参照および登録が行えないユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまらないずスケジュールの登録は行えません。

    「スケジュールの全参加者および全施設が登録可能な場合、スケジュールの登録および編集が可能です。」

  • 編集
    ユーザAはスケジュールCの編集は行えません。
    スケジュールCの全参加者(ユーザE)はユーザAが参照および登録が行えないユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまらず編集は行えません。

    「スケジュールの全参加者および全施設が登録可能な場合、スケジュールの登録および編集が可能です。」

コラム

ユーザAがスケジュールCを登録したのちに、上記の権限設定を行った場合、ユーザAはスケジュールCを編集することができます。
<スケジュールDの場合>
../../../../_images/authz_normal_1_6.png
[凡例]
Refer・・・スケジュールの参照を示します。
Register・・・スケジュールの登録を示します。
Edit・・・スケジュールの編集を示します。
  • 参照
    ユーザAはスケジュールDの参照が可能です。
    スケジュールDの全参加者(ユーザA)はユーザAが参照が行えるユーザです。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの参照が可能です。

    「スケジュールに参照可能な参加者か施設が一つでも含まれている場合、スケジュールの参照が可能です。」

  • 登録
    ユーザAはスケジュールDの登録が可能です。
    スケジュールDの参加者(ユーザA)は権限としては参照のみが行え登録は行えません。
    しかし、自分自身に対しては権限に関係なく常に参照および登録が行えるため、全参加者が登録が行える状態です。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの登録が可能です。

    「スケジュールの全参加者および全施設が登録可能な場合、スケジュールの登録および編集が可能です。」

  • 編集
    ユーザAはスケジュールDの編集が可能です。
    スケジュールDの参加者(ユーザA)は権限としては参照のみが行え登録は行えません。
    しかし、自分自身に対しては権限に関係なく常に参照および登録が行えるため、全参加者が登録が行える状態です。
    そのため、以下の条件に当てはまりスケジュールの編集が可能です。

    「スケジュールの全参加者および全施設が登録可能な場合、スケジュールの登録および編集が可能です。」