i ntra-mart The Power for Enterprise Web Solution
グラフ描画・モジュール

機能概要

入力データをもとに画像ファイルを作成して、ブラウザ画面上にグラフ画面を表示します。

以下の5種類のグラフがサンプルとして用意されています。

  • 折れ線グラフ
  • 棒グラフ
  • 円グラフ
  • レーダーチャート
  • ポートフォリオ

プレゼンテーション・ページAPI

<IMART> タグを利用します。
<IMART> タグの type 属性に指定する値によって、異なるグラフを描画することができます。

type属性値 グラフの種類
lineGraph 折れ線グラフ
barGraph 棒グラフ
circleGraph 円グラフ
radarChart レーダーチャート
portFolio ポートフォリオ

(例)     <IMART type="lineGraph">

詳細なプログラム・インターフェースに関しては、画面共通モジュール を参照下さい。


ファンクション・コンテナAPI

Drawer.* を利用します。

詳細なプログラム・インターフェースに関しては、アプリケーション共通モジュール を参照下さい。


例:  [折れ線グラフ]

プレゼンテーション・ページ
<HTML>
<HEAD>
<TITLE>Line Graph Sample</TITLE>
</HEAD>
<BODY>

<IMART type="lineGraph"
data=oData
image_width="300"
image_height="300"
data_min="-30"
data_max="60"
scale_count="20"
alt="IM_LineGraph">
</IMART>

</BODY>
</HTML>

<!-- End of File -->

<IMART type="lineGraph"> の data 属性 に対するバインド変数 oData は、ファンクション・コンテナで生成した描画データオブジェクトの格納されている変数名。

ファンクション・コンテナ

// バインド変数宣言
var oData; // 折れ線グラフ描画データ

// ページの初期化関数
function init() {
// 折れ線グラフ描画データオブジェクトの作成
oData.aCaption = new Array("1月", "2月", "3月", "4月", "5月", "6月");
oData.aData = new Array();

oData.aData[0] = new Object();
oData.aData[0].aData = new Array(50, 10, 30, 5, 30, 20);
oData.aData[0].sColor = "red";
oData.aData[0].nWidth = 5;

oData.aData[1] = new Object();
oData.aData[1].aData = new Array(10, 40, -20, 30, -10, 45);
oData.aData[1].sColor = "yellow";

oData.aData[2] = new Object();
oData.aData[2].aData = new Array(20, 30, 50, 25, 45, 55);
oData.aData[2].sColor = "green";
oData.aData[2].nStyle = new Array(10,10);
}

/* End of File */




描画された折れ線グラフ(例)

Headless のサポート

X11を搭載していないUNIXなどのOSは、グラフィックスをサポートしていないため通常グラフモジュールを使用することができません。 但し、ヘッドレスモードをサポートしているJava VMを使用している場合、Java環境変数を設定することにより非グラフィックス環境の場合でも グラフモジュールを使用することが可能です。

i ntra-mart BaseModule の場合は、/conf/imart.xmlの以下の場所にJava環境変数を追加してください。

    .
    .
<command>
  <exefile>C:/j2sdk1.4.2_XX/bin/java</exefile>
  <option>-cp %SYSTEMCLASSPATH% -Xms%XMS% -Xmx%XMX% -Djava.awt.headless=true</option>
  <argument/>
</command>
    .
    .

i ntra-mart Frameworkの場合は、同様のJava環境変数をウェブアプリケーションサーバに設定してください。 Java環境変数の設定方法については、ウェブアプリケーションサーバのマニュアルを参照してください。



Copyright(C) NTT DATA INTRAMART CO.,LTD. 2000-2006 All Rights Reserved.