株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求 お問い合わせ
User Trend NAVI
intra-mart×Salesforce 業務プロセスを一元管理できるCRMとは
img_SFDC_l.jpg


導入が進むCRM/SFA


近年、顧客接点の強化を重視する考え方が普及しはじめている中、CRM/SFAの需要はますます高まっており、 実際に導入検討を進めているお客様が増加しております。

sfdc_image_01.png
図1 CRMパッケージライセンス市場規模推移と予測

CRM/SFAを導入することで、今まで営業担当ごとに分散してしまっていたお客様の情報を一元管理できるようになり、営業状況の見える化や、効率的なマーケティング活動が可能となりました。
しかしながら、いままでのCRM/SFAは案件化~受注までの管理ができても、受注後の作業の進捗の見える化を行うことは難しく、 受注後のお客様の動きを、担当営業が把握できないというのが課題でした。


Salesforce × intra-mart


「Salesforce連携intra-mart業務プロセステンプレート」はそんな多くのお客さまの悩みを解決するソリューションです。

sfdc_image_02.png
図2 Salesforce×intra-mart

セールスフォース・ドットコム社が提供する「Sales Cloud」に「intra-mart Accel Platform」の相互連携を実現することで、いままで見える化できていなかった、社内外を含む受注後のやり取りや、他部門の業務の進捗状況を一目で確認することが可能になります。


連携の概要と効果


Salesforceでお客様情報と案件化~受注までのプロセスを管理し、intra-martで受注後の業務プロセスを管理することで、以下のようなことが可能になります。
sfdc_image_03.png
図3 Salesforce顧客カルテ画面イメージ

1)Salesforceで受注後の状況のモニタリングが可能
intra-martからお客様ごとの業務プロセスの進捗ステータスをSalesforceに送る事により、Salesforceのステータスを変更し、『作業開始』『作業完了』『出荷開始』『出荷完了』など状況が確認できます。作業履歴もSalesforceでお客様ごとに表示させ、お客様軸で状況が一元管理されます。

2)業務のパフォーマンスを見える化し、業務改善に貢献
業務プロセスの処理単位で計測している時間データを活用することにより、業務のボトルネックとなっている箇所の発見や、業務改善によるお客様対応速度の向上・対応品質の向上等が期待できます。



なぜintra-martとの連携が望まれているのか



sfdc_image_04.png
図4 intra-mart業務画面作成イメージ

1)複雑な業務画面や業務フローをノンコーディングで作成可能。
intra-martは、タブ遷移画面の作成や明細行のような複雑な業務画面の作成や、条件によって動的に変化するような複雑な分岐を伴う業務フローの作成を、ノンコーディングでアジャイルに開発することが可能です。また、人間の経験値で判断されるような属人的な業務も、判断基準をルール化し、システムに落とし込むことが可能です。 さらに、「Salesforce連携intra-mart業務プロセステンプレート」では、Salesforceと連携する部品を用意しております。そのためドラッグ&ドロップと設定で連携が可能になります。 これらの機能を駆使することで、他部門に跨るようなお客様のコア業務をシステム化し、その作業の進捗をSalesforceのお客様カルテ画面に集約することができます。

2)低コストでの実現・選べる課金体系
業務プロセスを実現し、Salesforceと連携する本ソリューションは、リソース課金・ID課金を問わず、クラウドサービスとして提供することが可能です。 そのため、お客様の使用用途や利用頻度にあった課金体系を選択することができ、すぐにご利用を始めることができます。 (intra-martのオンプレミスでの連携をご希望の場合は別途ご相談ください。)


連携イメージ(手配・納品業務の場合)


連携をすることでどのように業務が変わるのでしょうか。手配・納品業務を例にご紹介いたします。

sfdc_image_05.png
図5 Salesforce連携イメージ(手配・納品業務)

案件化~受注までのお客様管理はSalesforceで行い、受注したらSalesforceの顧客画面より納品手配依頼を行います。
手配依頼ボタンを押すと、定義しておいたintra-martの業務プロセスエンジンが動き、担当部門への通知が行われ、作業を担当者が行います。図5では出荷物のある倉庫を判定し、担当を変更しています。業務は様々な部門、システムをまたぎながら処理が進み、最終的にお客様へ納品が行われます。
その作業の進捗状況は、いままでは担当部門に電話やメール等で連絡をしなければ分からなかったものが、業務が進むたびに、intra-martからSalesforceのお客様管理画面(顧客カルテ)にステータスが更新されるため、Salesforceの画面を見ていれば担当のお客様の納品状況を簡単に把握することができます。


まとめ


Salesforceとintra-martを連携することで、案件化~受注~納品やアフターサポート等の、お客様に対する対応状況や業務フローを一元管理し、お客様へのきめ細やかなアクションや積極的な提案を、全員が素早くに行うことができるようになり、結果的に顧客満足度の向上や安定的な収益の確保につながるシステムを構築することができます。

Salesforceを最大限に使いこなし、営業活動をより活発にしたい方、intra-martをSalesforceと連携したい方、業務プロセスの見える化に課題をお抱えの方は、是非一度intra-martにご相談ください。


業務プロセスに興味のある方はコチラ
詳しくSalesforce連携について聞きたい方はコチラ
Salesforce連携に関するニュースリリースはコチラ


TOP

資料請求 お問い合わせ