株式会社NTTデータイントラマート
言語 English Chinese 資料請求 お問い合わせ
User Trend NAVI
もうここまで進んでいるデジタルトランスフォーメーションとは?
もうここまで進んでいるデジタルトランスフォーメーションとは?
デジタルトランスフォーメーションという言葉をご存知ですか。現在、デジタル化したものが普及し続けていて、生活は便利になっていくでしょう。その時に重要なのが、デジタルトランスフォーメーションです。これから、デジタルトランスフォーメーションの特徴や求められる理由・日本の現状・加速する理由などをご紹介します。


目次


1. 生活環境を考えると身近に感じるデジタル化


現在、デジタルで利用できるものが増えて、デジタル化が身近になっています。特にコンピューター技術が進歩し、多くの人がパソコンなどを保有するようになりました。インターネットも普及し、気軽に情報を調べることができます。また、2010年代からスマートフォンが普及し始めました。それに伴い、IoT技術が応用されているスマートスピーカーやスマートデバイス、AI制御による自動運転自動車などが増え続けているのです。

OCRやRPAも、デジタル化に伴い普及しています。OCRとは光学的文字認識ともいい、手書きデータをデジタルカメラやイメージスキャナで読み取り、コンピューターが利用できる文字コードにする技術です。これにより、キーボードで入力する手間が省けるだけでなく、ペーパーレス化などで経費削減することができます。RPAは「ロボティックプロセスオートメーション」の略で、AIなどの人工知能を備えたロボットが、デスクワークの代行をすることです。多くの業務を自動化でき、作業効率を上げることができます。


2. そもそもデジタルトランスフォーメーションとは?


デジタルトランスフォーメーションとは、デジタル世代に対応可能な環境を、企業が整えることです。「デジタル変革」「DX」とも呼ばれています。デジタルトランスフォーメーションのデジタル技術とは、ビッグデータやSNS・クラウドコンピューティングなどです。これらを柔軟にビジネスへ取り入れることで、生産性を高めることができます。

デジタルトランスフォーメーションができているかは、顧客からの評価にも関係しているでしょう。デジタルトランスフォーメーションを取り入れることで、業務の効率を上げることができます。そして、顧客から利用しやすいなどの高評価を受けることになるのです。円滑にデジタルトランスフォーメーションを行っている企業は、行っていない企業よりもコストパフォーマンスや生産性が良く、顧客評価も高い傾向があります。また、デジタルトランスフォーメーションを導入していると新規顧客も獲得しやすいです。


3. なぜデジタルトランスフォーメーションが求められる?


デジタルトランスフォーメーションが求められている理由として、「ユーザーの購買行動がデジタル化している」ことがあります。今まではテレビや雑誌からの情報を参考にして実店舗へ行き、商品の購入や利用をしていました。しかし、インターネットの普及が進むにつれ、ユーザーはオンラインで商品やサービスを購入する機会が増えたのです。また、商品を調べる時も、インターネットのホームページや宣伝広告などを利用する人もいるでしょう。気になった商品やサービスがある時、すぐにインターネット検索ができる時代になったのです。

その現状で大切なのが、「デジタル化したユーザーの購買行動に、企業が対応しているか」になります。ユーザーは、インターネットで調べてから実店舗へ行く場合もありますが、そのままオンライン上で購入することができたら便利でしょう。ネットショッピングなどのサービスに対応している企業は、購買行動がデジタル化したユーザーの利用率が高く、それに伴い業績も上がりやすいです。ユーザーの購買行動は、今後さらにデジタル化します。インターネット検索をするユーザーは、ホームページなどのWebサイトがあるものを選択するでしょう。つまり、検索をして出てきた商品やサービスを購入する傾向があるので、Webサイトの運営を強化することも重要なのです。

デジタルトランスフォーメーションが求められる理由として、「企業成長はユーザーとのコミュニケーションが支えている」こともあります。これは、SNSの普及に伴い、商品やサービスの宣伝をユーザーが拡散してくれる機会が増えたからです。企業は、ユーザーが親しみやすい雰囲気を作ることで、コミュニケーションをするようになりました。意見や質問をチャット形式で答える企業もあります。SNSのコメント欄を使い、ユーザーの希望を集めることもできるでしょう。コミュニケーションが取りやすく親しみやすい企業は、ユーザーに安心感や信頼性を与えることができ、業績も伸ばせます。

デジタルトランスフォーメーションは、ユーザーの情報をデータベース化して管理することも可能です。以前購入した商品の履歴などが分かれば、ユーザーは再購入がしやすくなります。Webページに「マイページ」などを作り、それぞれのユーザーが調べやすい環境を作っておくと、アクセス数や購入数を増やすことができるでしょう。


4. 日本におけるデジタルトランスフォーメーションの現状


日本でのデジタルトランスフォーメーションは、海外に比べて進んでいるとは言えません。取り組み方や意欲が遅れているとも言えるでしょう。これは、日本が昔ながらの技術や考えを大切にする傾向があるからです。また、手作業で作成し、自分達の目で確認したものを販売したいなどの考えも見られます。デジタルトランスフォーメーションを進めていくためには、デジタルを信用して任せる必要があるのです。しかし、自分達で作業をしたいなどの責任感が、デジタルトランスフォーメーションを遅らせています。

日本は遅れがちではありましたが、急激にデジタルトランスフォーメーションが進んでいるのが現状です。多くの人がデジタルの利便性を重要視し、そのような商品やサービスを積極的に利用するようになりました。利用者が多いと、デジタル化したものを普及し続けなければなりません。よって、デジタルトランスフォーメーションは加速し始めているのです。


5. 今後もデジタルトランスフォーメーションが加速する


今後もデジタルトランスフォーメーションは加速するとされています。なぜなら、デジタルトランスフォーメーションの状況が顧客評価に繋がるからです。デジタルトランスフォーメーションが進んでいないと、評価が低下するだけでなく、業績も下がる可能性があります。また、若い人材確保が難しくなっていることも、デジタルトランスフォーメーションが加速する理由です。少子高齢化に伴い、どの業界でも若い人材の確保が難しくなっています。デジタルに強い世代が入社すれば、心強いでしょう。しかし、若い世代を確保できなくなりつつあり、デジタルトランスフォーメーションによって、それを補うことになるのです。

デジタルトランスフォーメーションが加速する理由として、若い世代が働きやすい職場作りもあります。今後、入社してくる若い世代の人は、デジタル化した生活に慣れているでしょう。つまり、若い世代の人が働きやすい職場とは、円滑にデジタルトランスフォーメーションが行われているところなのです。彼らが働きやすければ、仕事への意欲や業務効率が上がり、企業の業績も上がるでしょう。


6. まとめ


デジタルトランスフォーメーションを進めることで、デジタル世代に対応することができます。今後のビジネスやマーケティングでは、デジタル化していることが重要になるのです。企業の業績を上げていくためには、デジタルに強い世代やデジタル化したものを、積極的に取り入れていくといいでしょう。これを参考に、デジタルトランスフォーメーションについて理解してみてください。


TOP

資料請求 お問い合わせ