intra-mart Accel Platform ViewCreator 管理者操作ガイド 第21版 2019-08-01

3.3.5.4. Highcharts

データ参照・編集画面の 「グラフ描画形式」で「Highcharts」を選択した場合の表示形式です。
Highchartsでは4種類のグラフを組み合わせて作成できます。

コラム

URL(2019年6月現在)

3.3.5.4.1. グラフ

../../_images/basic_guide_4_7.png

図 グラフ組み合わせイメージ

3.3.5.4.2. 棒グラフ

../../_images/basic_guide_4_1.png

図 棒グラフイメージ

3.3.5.4.3. 折れ線グラフ

../../_images/basic_guide_4_2.png

図 折れ線グラフイメージ

3.3.5.4.4. レーダーチャート

../../_images/basic_guide_4_4.png

図 レーダーチャートイメージ

3.3.5.4.5. 円グラフ

../../_images/basic_guide_4_3.png

図 円グラフイメージ

3.3.5.4.6. グラフ設定

グラフ表示時のレイアウトを設定します。
../../_images/basic_guide_4_5.png

図 データ参照・編集画面 グラフ設定項目

設定項目
項目名 説明
グラフ描画形式
グラフの描画形式を選択します。
intra-mart Accel Platform標準では「JFreeChart」、「Highcharts」 2種類のグラフ描画形式を提供しています。
グラフの大きさ(縦幅) グラフの表示領域(縦)を設定します。
グラフの大きさ(横幅) グラフの表示領域(横)を設定します。
100分率表示
値カラムのデータの100分率をグラフ上に表示します。
リストの表示 グラフの数値データを表で添えるかどうかを設定します。

3.3.5.4.7. カラム設定

グラフデータとして使用するデータが格納されているカラムを選択します。
クエリに追加されたカラムの内、数値型のカラムのみが表示されます。
データ毎に表示するグラフの種類を選択できます。
../../_images/basic_guide_4_6.png

図 データ参照・編集画面 カラム設定項目

設定項目
項目名 説明
カラムの国際化項目の編集
カラムの国際化項目の編集ダイアログが表示されます。
詳細は、「国際化とヘッダー・フッター」 を参照してください。
キャプションカラム
グラフのキャプションラベルとして使用するデータが格納されているカラムを選択します。
凡例コードカラム 詳細は、「グラフ集計で「凡例」の表示方法を変更する」 を参照してください。
凡例ラベルカラム 詳細は、「グラフ集計で「凡例」の表示方法を変更する」 を参照してください。
△▽アイコン クリックで上下の順序を変更できます。
表示 選択したカラムがグラフ描画時に表示されます。
カラム グラフを表示した場合の実データとして利用するカラムです。
グラフタイプ
データとして表示するカラムごとにグラフの種類を設定します。
Highchartsでは「棒グラフ」、「折れ線グラフ」、「レーダーチャート」、「円グラフ」 4種類のグラフを提供しています。
積み上げ表示
同じグループに設定したカラムを積み上げて表示します。
グループは1から10までの振り分けを行えます。
グループの追加・削除は行えません。
Y軸グループ
Y軸として使用するカラムの目盛りの表示位置を設定します。
表示位置が同じカラムはグルーピングされます。
カラー グラフ描画する際の色彩を設定します。

コラム

  • 円グラフ、折れ線グラフの場合、積み上げ表示は設定できません。
  • 円グラフ、レーダーチャートの場合、Y軸グループは設定できません。
  • 円グラフの場合、カラーは設定できません。
  • 設定できない項目は非活性状態に変わります。