intra-mart Accel Platform ViewCreator 管理者操作ガイド 第21版 2019-08-01

3.1. ViewCreator全体の権限設定

まず最初に一般ユーザがViewCreatorのメニューを使えるように設定します。

3.1.1. 認可の設定

  1. 「サイトマップ」をクリックします。
  2. 「テナント管理」→「認可」をクリックします。
../../_images/basic_guide_0_1.png

リソース名 説明
データ参照の閲覧・作成
データ参照一覧へのアクセスを可能にします。
ただし、閲覧権はデータ参照を作成したユーザが個別に設定可能です。
データ参照の作成はログインユーザが作成したクエリが少なくとも1つ以上登録されていなければ実行できません。
つまり、データ参照の作成はクエリの作成を許可されたユーザのみが利用可能になります。

以上の理由から一般的には、このリソースに関しては比較的緩い権限設定で問題ありませんが
個々のケースに従って適切なアクセス権を設定してください。
ファイルリソースの追加

外部ファイルリソースの追加・削除を可能にします。

一般的には管理者ユーザのみを使用可能に設定します。

インポート・エクスポート

ViewCreatorの設定データを一括でインポート/エクスポートする機能へのアクセスを可能にします。

一般的には管理者ユーザのみを使用可能に設定します。

管理者
ViewCreatorを管理者として利用できるようにします。
具体的には、管理者ユーザは登録されている全てのクエリやデータ参照に対して変更や削除が可能になります。
ただし、クエリ一覧画面やデータ参照一覧画面を利用するためには「クエリの作成」、「データ参照の閲覧・作成」への認可設定が必要です。
クエリの作成

このリソースへのアクセスを許可されたユーザはクエリの作成とデータ参照の作成が可能になります。

標準設定では全テーブルの全データが閲覧可能になるため、一般的に管理者ユーザ以外の利用を許可する場合は参照可能なテーブルを絞る必要があります。
Viewの作成
クエリ編集画面において、「Viewの作成」機能の利用が可能になります。
この機能を利用すると、任意のSQLの発行が可能になります。
以上の理由から、かなり制限されたユーザだけに許可するようにしてください。
WHERE句の直接入力
クエリ編集画面において、抽出条件として任意のWHERE句を入力することが可能になります。
Viewの作成と同様に、かなり制限されたユーザだけに許可するようにしてください。

コラム

Viewの作成、WHERE句の直接入力は2014 Winter(Iceberg)から利用可能です。
管理者は2015 Summer(Karen)から利用可能です。

3.1.2. メニューの権限設定

  1. 「サイトマップ」をクリックします。
  2. 「テナント管理」→「メニュー」をクリックします。
../../_images/basic_guide_0_2.png
認可と同様に設定します。これで設定したユーザのメニューに「ViewCreator」の項目が表示され、使用可能になります。