intra-mart Accel Platform セットアップガイド 第33版 2020-09-01

5.3.3.3.1. SAStruts用設定ファイル(SAStruts+S2JDBCにてデータベースを利用する場合)

SAStruts+S2JDBCフレームワークを利用する場合の設定の変更、確認を行います。

  • app.diconの編集を行います。

    1. s2jdbc.dicon のコメントアウトをはずして、include を有効にします。
    <include path="convention.dicon"/>
    <include path="aop.dicon"/>
    <include path="j2ee.dicon"/>
    <include path="s2jdbc.dicon"/>
    

注意

s2jdbc.diconにてどのデータベースを利用するかを定義する dialect の設定が必要です。
接続したいデータベースに合わせて <property name=”dialect”>の定義をコメントの外に出して有効にしてください。
利用するデータベースに対してどのdialectを設定すれば良いかは、 http://s2container.seasar.org/2.4/ja/s2jdbc_setup.html を参照してください。