intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

2.2. 特徴

IM-Workflow には以下の特徴があります。
  • 「コンテンツ定義」と「ルート定義」を「フロー定義」にて疎結合で結ぶことにより、処理順序の変更による処理内容への影響、およびその逆の影響を最小限に留めることができます。
    また、処理内容と処理順序をN対Nで組み合わせることにより、マスタ定義の再利用性を上げることができます。
  • フローを動的に変更する処理要素「動的承認ノード」、「縦配置ノード」、「横配置ノード」をルートに定義した範囲内で、ワークフローの処理中に利用者が次の処理者の決定や、処理順の変更ができます。

  • 「確認」機能を使用することで、案件の処理に影響を与えずに案件を確認してコメントの追加や確認履歴を残すことができます。

  • ワークフローの処理中に案件の任意の場所に移動できる「案件操作・参照」機能があります。
    これにより処理者不在によるワークフローの停止などに対応できます。
  • 本人以外の案件を「案件操作・参照」機能で参照できます。

  • 完了した案件を別テーブルに移すことにより、データ量増加による処理速度の低下を防ぎます。