intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第26版 2019-12-01

3.21.1.2. プラグイン設定

IM-Workflow の印影機能はプラグイン拡張により実現されています。
申請、承認処理で押印し、案件の終了、退避処理で印影関連データを移す処理や案件データ削除時に関連する印影データを削除するには下記の印影関連プラグイン設定が必要です。
印影機能関連プラグイン一覧
処理名 プラグイン種別名 説明 プラグインID
アクション処理
(申請ノード、承認ノード)
【アクション処理】
印影処理
申請、承認処理時に押印した印影データを登録する処理を行います。
引き戻し、差戻し時に押印した印影の削除や差戻しの引き戻し時に削除した印影の復元処理を行います。
jp.co.intra_mart.workflow.plugin.event.
node.action.process.stamp
案件終了処理
【案件終了処理】
印影処理
案件終了時に、未完了案件テーブルから完了案件テーブルに印影データを移す処理を行います。
jp.co.intra_mart.workflow.plugin.event.
matter.end.process.stamp
案件退避処理
【案件退避処理】
印影処理
案件退避時に、完了案件テーブルから過去案件テーブルに印影データを移す処理を行います。
jp.co.intra_mart.workflow.plugin.event.
matter.archive.process.stamp
未完了案件削除処理
【未完了案件削除処理】
印影処理
未完了案件削除時に、未完了案件用の印影データを削除する処理を行います。
jp.co.intra_mart.workflow.plugin.event.
matter.active.delete.process.stamp
完了案件削除処理
【完了案件削除処理】
印影処理
完了案件削除時に、完了案件用の印影データを削除する処理を行います。
jp.co.intra_mart.workflow.plugin.event.
matter.completed.delete.process.stamp
過去案件削除処理
【過去案件削除処理】
印影処理
過去案件削除時に、過去案件用の印影データを削除する処理を行います。
jp.co.intra_mart.workflow.plugin.event.
matter.archived.delete.process.stamp