intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.21.2.4. APIを利用したワークフロー処理時の印影

  • APIを利用してワークフローの処理を行う場合、「imwStampId(印影ID)」の指定により、任意の印影を押印できます。
    「印影ID」については 印影設定ファイル を参照してください。
  • 印影IDを指定せずに、APIを利用したワークフローの処理を行う場合には、処理権限者(申請権限者)の常用印が採用されます。

  • 以下の条件をすべて満たす場合、処理に失敗します。

    • 処理権限者(申請権限者)に常用印が設定されていない
    • 印影IDを指定していない