intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.24.4.1. 処理対象者標準プラグイン結果キャッシュが作成されるタイミング

処理対象者プラグイン利用時に、処理対象者標準プラグイン結果キャッシュに対象データが存在しない場合、実行結果をキャッシュとして保持します。
処理対象者標準プラグイン結果キャッシュの有効期限は「システム日付+処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ保存時間」の設定値です。
※処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ保存時間の設定方法は「 処理対象者標準プラグイン結果キャッシュ設定 」を参照してください。