intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第25版 2019-04-01

3.6.4. メール/ IMBox 置換文字列

IM-Workflow ではメール/ IMBox 定義に「置換文字列」を記述することで、通知時にワークフローが持つ情報を埋め込むことができます。
  • メール/ IMBox 置換文字列として用意されているものは以下の通りです。
    • 処理対象者、処理権限者、処理者
    • 代理先、振替先
    • 根回し先
    • 申請基準日などの案件情報
    • 管理者が定義した案件プロパティ
個々の置換文字列と置換内容の詳細は、「 IM-Workflow 仕様書 別紙」を参照してください。
  • 置換文字列の形式は以下とします。
    • 開始文字列 + 置換文字列ID + 終了文字列
メール/ IMBox 置換文字列の設定
置換文字列ID 開始文字列 終了
ASCII文字列 {^ ^}
  • 置換文字列内に開始文字列、終了文字列が存在する場合、開始文字列、終了文字列のエスケープは行いません。
    置換文字列の例として「処理権権限者の名前」は以下の置換文字で表現します。
    {^ Auth_User_Nm^}
  • メール/ IMBox 種別によって設定できる置換文字列が異なります。
    メール/ IMBox 種別で使用できない置換文字列がメールテンプレートにある場合、ワークフローは置換文字列をそのままメール/ IMBox に出力します。
  • ワークフローはメール/ IMBox 種別とメール/ IMBox 送信の元となった処理内容に従い置換文字列を置換します。
    また、置換元の内容がNULLの場合は空文字で置換します。
その他置換に関する詳細は下記を参照してください。