intra-mart Accel Platform IM-Workflow 仕様書 第26版 2019-12-01

3.3.3.1. ルートテンプレート定義

「ルートテンプレート定義」とはルートの1部分を部品として定義したマスタ情報のことです。
あらかじめ作成した「ルートテンプレート定義」を組み込みたい「ルート定義」上の「テンプレート置換ノード」に設定することで、共通のルートを部品化して再利用できます。
  • ルートテンプレート定義は「テンプレート開始ノード」-「ノード( [1] )」-「テンプレート終了ノード」を必ず1つずつ持ちます。
    [1]

    承認ノード、動的承認ノード、システムノード、同期開始ノード、分岐開始ノード、横配置ノード、縦配置ノードの何れか1つを必ず設定します。

  • 案件処理の候補者である「処理対象」の情報をノード毎に持ちます。

  • ワークフローは案件を開始するタイミングでルートテンプレート定義を実際のルートに展開します。

  • ルート定義はテンプレート置換ノードの設定値としてルートテンプレート定義を持ちます。

ルートテンプレート定義

../../../../_images/detail_guide_3_figure_4.png